近藤真彦「2重の裏切り」!?やっぱり「本業は芸能」とあくまで「逃げる」会見拒否!

拡大画像を見る

 4月30日にジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(56)。2020年11月に『週刊文春』(文藝春秋)で25歳年下の女性との5年にわたる不倫が報じられ、無期限の芸能活動自粛処分となった。

 その後、退所を経て5月16日に大分・オートポリスで行われた『スーパーフォーミュラ』第3戦に、レーシングチーム『KONDO Racing』の監督として復帰した。

「近藤はレース復帰こそ果たしたものの、芸能活動についてはまだ復帰をしていません。そのため、しばらくはレーシングチームの監督が本業となるわけですが、5月30日付の『NEWSポストセブン』によると、近藤はレースを本業とすることを望んでいないと伝えています」(女性誌記者)

 近藤は、復帰初日となった5月16日、レース場最寄りの阿蘇くまもと空港で報道陣の取材に応じて、「出来の悪い長男でした。もう少し後輩にも頼られるような先輩でいたかった」「ファンには申し訳ない。ファンの方が笑顔になれるような活動をしていきたい。その準備を今してます。一から出直す気持ちで頑張ります。また応援お願いします」と謝罪し、「できればファンの皆さんの前で歌を歌いコンサートができれば」と、芸能活動の今後について触れていた。

■“本業をレースにしない”は2度目の裏切り

 前出の女性誌記者は言う。

「退所前からレース業に力を入れていたとはいえ、不倫スキャンダルでの自粛で、昨年12月に予定されていたLINE CUBE SHIBUYAでのコンサートが中止になっていますし、未練はあるのでしょうね。ただ、“レースは本業ではない”というスタンスを強くしすぎると、今度はモータースポーツのファンにそっぽを向かれてしまうかもしれません」

 近藤は、4月30日に退所を発表した際、「ありがとうジャニーズ ありがとう素敵な後輩達 ありがとうジャニーさん」とのコメントは出したものの、不倫についてのことや、明確な退所理由の説明はいっさいなし。それを受けて、5月2日放送の『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)では、後輩の東山紀之(54)から「退所の仕方に大きな疑問が残っている」「薄っぺらい」と痛烈に批判されていた。

「コロナ禍とはいえ、退所にあたって会見なし、取材対応もなし、詳しい退所理由の説明もなしで辞めたことで、東山をはじめとするジャニーズの後輩はもちろん、自身に関係していたスタッフ、お世話になってきた芸能関係者、そしてファンを裏切ってしまいました。非常に後味が悪い去り方になってしまいましたよね」(前同)

 呆れる声も出たあまりにもあっさりした近藤のジャニーズ退所劇。その後、レースに復帰を果たした近藤には、「出来の悪い長男でしたで済む問題ですか?」と厳しい言葉も見られた一方で、「芸能界もレース界も、我々一般人には想像もつかない勝負の世界。両方で長年生き抜いてきた強い彼は、必ず復活すると思う。マッチ、応援してます」といった反応もネット上では見られた。

■「もはやレースが本業で芸能活動が副業としか思えません」

 さらに、「レースファンからすると、もはやレースが本業で芸能活動が副業としか思えません」「芸能人のお飾り監督では無いことは、モータースポーツファンならばみんな知っている」「タレントとしての評判はさておきこの人のモータースポーツへの姿勢は本物。業界の中でこの人がお遊びでやってると思っている人は最早いないだろう」といった意見も少なくなかった。

「近藤は近年、芸能活動よりもレースに力を入れていたとあって、それに対する熱量はモータースポーツファンにしっかり伝わってきています。にもかかわらず、レースは本業でないという姿勢を強調しすぎると、せっかく近藤の本気度を信じてくれていたファンを裏切ってしまいかねませんよね」(前出の女性誌記者)

 また近藤は、6月9日にセガサミーのイベントに出席するものの、会見は特に行わない、と報じられている。

「近藤さんの“逃げ腰”は続いていますよね。空港時の取材対応程度で、まだ取材陣はじっくりと話を聞けていない。だからこそ会見のニーズがあるのですが、どうやら近藤さんは、もうこれ以上不倫問題をつっこまれたくないようですね。

 近藤さんは、不倫相手の25歳年下の女性Aさんと、十数年来の友人関係にある東証一部企業社長からの紹介で知り合い、さらに当時Aさんには数年間交際していた恋人がいたものの、近藤さんが猛アタックして略奪した。

 一方で、奥さんとの関係は冷え切っているといい、『週刊文春』の報道後もAさんとは別れていないのでは、という見方もあるんです。そのため、会見や取材で事細かに聞かれると、マズい発言も飛び出てしまうのではと。だから、会見や取材を拒否している、と見られてしまっています。ただ、芸能活動を本業に据えるなら、会見や共同取材などの場での説明がないと、今後は厳しそうですよね……」(ワイドショー関係者)

 ジャニーズ事務所を退所し、レース復帰を果たした近藤だが、芸能活動を再開させるのにはまだ時間がかかるのかもしれない。

関連リンク

  • 6/1 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 玉葱

    6/1 17:47

    なんか勘違いしてないか?レースチームなんか超大金持ちの道楽、若しくは太いスポンサーが付いてないとあっという間に潰れちゃうよ?色々と肩書き失ってどれだけのスポンサーが残るのか?って所が1番見物だと思うわ。今更、芸能界を捨て切れないってのも需要があればの話しになってくるし、ジリ貧なんじゃないの?まだ稼げる自信があるのか知らんけど。

  • 芸能記者以外で、近藤真彦さんの言い訳を聞きたい人が、いるとは、思えないんですが… (^_^;)

記事の無断転載を禁じます