佐藤健がワンオクTakaと語った“結婚”本音「ずっと悩んで…」と「星野新垣ショック」

拡大画像を見る

 5月30日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に俳優の佐藤健(32)と、ONE OK ROCKのTaka(33)、そして映画監督の大友啓史(55)が出演。12年に第1作が公開され、今年『THE Biginning』で完結を迎える『るろうに剣心』シリーズの主演、主題歌、監督というメンバーでの放送となった。

「それぞれの出会いや『るろ剣』の思いなどを語っていましたが、大友監督が2人に結婚について尋ねたところ、 “占い師”という弱気発言が出たり、佐藤とTakaは18年に桐谷美玲(31)と結婚した三浦翔平(32)の例を出し、あらためて佐藤の結婚願望の強さを感じましたね」(女性誌記者)

 Takaの「健が意外と清らかな方を求めてるので、ぼくよりもまじめにサクッと結婚するのかな」という呼び水には「これから走らなきゃいけないというモードなので、結婚している場合じゃないとも思うんです」と否定寄りのコメントをした佐藤。しかし、

「1人の男としての人生を考えたときに、やっぱりいつか結婚はしたいじゃないですか。で、そういうときに、“いつ結婚すればいいんだろう?”みたいな。ずっと、何か悩みというか、考えても考えても解決しなさすぎて、もう最近は“占い師に言われた通りにしよう”と」

 と、珍しく他力本願な発言も飛び出し、願望があるがタイミングには悩んでいる、と明かした。

■Taka「お前には(結婚は)無理だよ」

「さらに、三浦と桐谷の結婚式の際を振り返り、 “(佐藤が先に結婚したら)今度、ぼくの横に目を合わせてくれる人がいなくなってしまう”と話すTakaについて佐藤は“だから、ずっと『お前には(結婚は)無理だよ』って言われるんですよ”と、Takaに“刷り込み”されていることを大友監督に明かし、笑いを誘っていました」(前出の女性誌記者)

 30代になったこともあり、近年、結婚願望を全面的に押し出してきている佐藤。最近では、5月19日に星野源(40)と新垣結衣(32)の結婚が発表された際も、同日に佐藤はライブ配信アプリ『SUGAR』で意味深な発言をしている。

「“俺の周りがどんどん結婚して置いてかれていく” “神木(神木隆之介)が結婚したらどうしよう”という心配もしていました。昨年3月の『SUGAR』では、”35歳“という具体的な数字も出していました。ただ、意外と佐藤に結婚は難しいかもしれませんね……」(前同)

■理想の結婚相手や女性像がプチ炎上

 佐藤は結婚、恋愛相手について昨年3月29日の『SUGAR』では「一般人でも全然いい」「この世界(芸能界)の方との出会いが多いってのはあるけど、なんなら一般の方が僕は良い」と発言。

 5月19日にはYouTubeチャンネルで「失敗が似合う人がかわいらしい」「失敗した時に笑えないよりかは『お前、ほんとウケるな』って言える女性」と明かしているのだが、この発言に反感を覚えた女性も少なくなかったという。

「“一般人『でも』いい”とか『なんなら』という発言が、“上から目線”“失礼”と当時荒れてしまったんです。佐藤としては“仕事などは関係ない”というニュアンスで言いたかったのかもしれませんが……」(前出の女性誌記者)

 女性のタイプについても、《Sっぽくていい》という声もある一方で、《要するに自分が優位に立てる人?》《ちょっとモラハラ気味でイヤだ》と、プチ炎上してしまった。

「くわえて、佐藤は趣味である謎解きを挑むクールな姿や、恋愛ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の演技などから“理想的なイケメン”というイメージが強いですが、裏を返すと“高嶺の花すぎる”ということかもしれません。一般女性の方は、気後れしてしまうかもしれませんね」(前同)

 19年11月の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、「ただただ機会が無い」「そんなに(すぐできるほど)甘くありません」とも語っていた佐藤。いつの日か、三浦翔平のように春が来るといいのだが……。

関連リンク

  • 6/1 7:22
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます