古川雄大、ドラマ初主演で“御曹司バチェラー”に期待の声<女の戦争~バチェラー殺人事件~>

【モデルプレス=2021/06/01】今年4月から新設された、テレビ東京土曜深夜ドラマ枠「サタドラ」では7月から、女性たちの欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」の放送が決定。古川雄大が華麗でハイスペックな御曹司バチェラーを演じ、バチェラーを奪い合う7人の豪華女優陣も解禁された。ネット上では反響が寄せられている。

◆古川雄大、ドラマ初主演「女の戦争~バチェラー殺人事件~」

主演は、大人気ミュージカル「エリザベート」「モーツァルト!」など多くのミュージカル作品にて観客を魅了し、昨年は連続テレビ小説「エール」でミュージックティーチャーとして鮮烈な印象を残し、より一層今後の活躍が期待される古川。本作でテレビ東京初出演にして、テレビドラマ初主演となる。

古川が演じるのは “華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也(なると・てつや)”。数々の王子を演じてきた“ミュージカル界の貴公子”古川が、現代日本の王子役としてどのような魅力を放つのか、目が離せない。

そして、御曹司バチェラーを奪い合う女性キャストも一挙解禁。デパートの寝具売り場の店員・志倉若菜(しくら・わかな)役には、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」など古川とは今回3作目の共演となる女優の葵わかな、おっとりした性格で趣味はヴァイオリンの癒し系の美人・河原麗奈(かわはら・れいな)役にはモデル・タレント・女優としてマルチに活躍し、今回5年ぶりのテレビ東京ドラマ出演となるトリンドル玲奈、「あざとかわいい」を押し出しているアイドル・一ノ瀬りお(いちのせ・りお)役には、ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」など舞台出演も重ね、ドラマ「ガールガンレディ」に出演するなど女優として活動の幅を広げている寺本莉緒、超大手財閥の令嬢で女子大生・森下一香(もりした・いちか)役には、第13回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』では、ヒロインを務めた注目の若手女優の尾碕真花、病棟勤務の看護師・嶋田理恵(しまだ・りえ)役には、AKB48を第一線で支え続け、NGT48のキャプテンも務め、グループ卒業後も女優としてテレビ東京『フルーツ宅配便』に出演する他、バラエティやYouTubeでも活躍を広げる北原里英、最近テレビなどにも出演しているエリート弁護士・須崎利子(すざき・りこ)役には、『ハチミツとクローバー』『黒い十人の女』『昭和元禄落語心中』など多くのドラマ、映画に出演する成海璃子、エステ・化粧品会社経営のセレブ社長・遠藤星(えんどう・せい)役には、映画『ミッドナイトスワン』、ドラマ『その女、ジルバ』など話題作に出演、映画、ドラマを中心に活躍中の女優・真飛聖の出演が決定した。

愛と嘘にまみれた女性たちを豪華女性キャスト達が熱演。一体誰が御曹司バチェラー・哲也に選ばれ、一体誰が哲也を殺すのか…。この7名の中に犯人がいる。

古川はドラマ初主演に「20代から舞台を中心に活動して参りましたが、このタイミングでドラマ初主演という大きなチャンスをいただくことができ、とても幸せです」とコメント。「この作品は、恋愛リアリティショーの世界観にミステリー、サスペンスの要素を織り交ぜていきながら、自分自身への葛藤や女性同士のバトルなど、様々な人間模様が描かれています」とアピールした。

虚実が交錯するドラマとして、女優陣の役名は全員芸名と同じ下の名前を使用。田中智子プロデューサーは「そんな遊び心にもぜひご注目ください!毎話ハプニングの連続ですが衝撃の最終話までお見逃しのないようご覧いただければ幸いです」と呼びかけた。

ネット上では「おもしろそう!」「まさかのバチェラー!」「これは興味しかない」など期待の声が寄せられていた。(modelpress編集部)

◆「女の戦争~バチェラー殺人事件~」イントロダクション

バチェラーの愛を巡って繰り広げられた女性たちのバトルの末、辿り着いたのはバチェラーの死…?女性たちは、ただ哲也と結ばれたいだけではない。女性たちにはそれぞれ“裏の顔”があり、それぞれの狙いがあり…。哲也が最後に選ぶのは誰なのか、哲也を殺すのは誰なのか、欲望にまみれた愛憎サスペンス。

◆キャストコメント

◆鳴戸哲也役:古川雄大

20代から舞台を中心に活動して参りましたが、このタイミングでドラマ初主演という大きなチャンスをいただくことができ、とても幸せです。映像作品では初めての主演になるので、今から楽しみにしています。この作品は、恋愛リアリティショーの世界観にミステリー、サスペンスの要素を織り交ぜていきながら、自分自身への葛藤や女性同士のバトルなど、様々な人間模様が描かれています。そして、僕が演じる哲也が女性と関わっていく中で成長していくストーリーとしても見応えがあると思います。衝撃のスタートから幕が開け、目が離せないストーリー展開を楽しみにしていただけたらと思います!豪華な共演者の方々、スタッフの皆様と共に素敵な作品になるよう努めます。どうぞご期待下さい!

◆志倉若菜役:葵わかな

とても斬新な作品!と思わず笑ってしまったのを覚えています。一言で言い表すのが難しいくらい色々な要素が詰まっているというか、隠し扉が沢山あるお部屋のような、ワクワク感と少しの違和感とが混じるような不思議なお話でした。登場する7人の女性が印象的ですが、それぞれの個性で、作品中ずっと哲也さんを翻弄していく事になるので、私も役をしっかり理解して、しっかり翻弄していけたらと思います(笑)。古川雄大さんとは3回目の共演になります。今までご一緒させていただいた経験も活かしてリアリティのある空気感を作っていけたらと思います。わたし自身も楽しんで、このバチェラーに参加したいと思います!楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

◆河原麗奈役:トリンドル玲奈

今回の台本は何度読んでも面白いのがすごく不思議で、現場に入ったらまた新しいものが見えてくるのだろうなと、今からワクワクしています!クランクインまでの日々、「麗奈」という役としっかり向き合って、丁寧に創り上げたいと思っています。お友達の成海璃子ちゃんとは久しぶりに一緒の現場なので、楽しみです!女同士のバトルではありますが、ドラマなので、ある意味気楽に楽しんでいただけるのかなと思います。結末を予想しながら、ぜひ最後まで観てください!

◆一ノ瀬りお役:寺本莉緒

この度、一ノ瀬りお役を演じます寺本莉緒です。あざと可愛いキャラクター、そして裏の顔までをどのように表現しようか今からとても楽しみです!共演者の皆様とこの作品を盛り上げていけるように、自分自身も楽しみながら頑張ります。皆様も、放送をリアルタイムで一緒に楽しんでいただけると嬉しいです!

◆森下一香役:尾碕真花

出演が決まり、台本を読んで内心ドキドキしています。森下一香というキャラクターは色んな面があって面白いので、役を深掘りしていって、面白い役を演じれるように努めます。何度かご一緒させて頂いている、脚本家の山岡さんの本で、また演じられることを嬉しく思います!素晴らしい先輩方のキャスト、スタッフの皆様と素晴らしい作品を創り上げていきたいと思います。ドロドロとした女の啀み合いにハラハラしたり、随所に散りばめられた笑いや各々のキャラクターの想いを見て頂きたいです。誠心誠意、ふざけます!是非楽しみにしていて下さい!

◆嶋田理恵役:北原里英

このドラマ、たしかにフィクションではありますが役の下の名前がまさかの本名だったりと現実と虚構の入り混じった物語になりそうです。ですので、わたしもしっかりとバチェラーを本気で奪い合いたいと思います。そして設定のパンチ力に負けない脚本の面白さに、わたし自身読みながらどんどん惹き込まれていったので、みなさんも一緒にドキドキしながらご覧ください。

◆須崎利子役:成海璃子

私もまだどんな展開が待っているのかわからないので、ドキドキしてます。サスペンスの要素もあるので、是非最後までご覧いただければと思います。

◆遠藤星役:真飛聖

ハイスペックなイケメン争奪戦に自分も参加させていただけるなんて、楽しみでなりません。ライバル達の中では最年長ではありますが、そこは引け目を感じるのではなく、大人の魅力を振り撒けるよう全力で戦いたいと思っています。
ドラマを通して皆さんにも『真実の愛とは何か』感じていただけたら嬉しいです。

◆プロデューサーコメント

今回の「サタドラ」はオリジナル作品で愛憎サスペンス・コメディをお届けします。誰もが憧れるハイスペックな御曹司の妻の座を狙う7人の女性たちのドロドロの戦いと人間模様、心の裏側を描きながら“今を生きる”女たちの『愛』『家族』『野望』『憎しみ』について問いかけます。

「果たして世の女性を魅了する理想の王子役にふさわしい俳優さんはいるのか…!?」そこが大きな課題でしたが、ミュージカル舞台のセンターでキラキラと光り輝きオーラに包まれた古川雄大さんを見たとき、探していた王子様がここにいた!と確信しました。鍛え上げられた長身に甘いマスク、時折見せるキリッとした気高き表情、今回の御曹司役には古川さん以外考えられません。この作品では古川雄大さんの魅力をたっぷりご覧いただきます。

一方、花嫁の座を狙う女性たちには、様々なドラマや映画で活躍中の豪華女優陣7人が揃いました。葵わかなさん始め、トリンドル玲奈さん、寺本莉緒さん、尾碕真花さん、北原里英さん、そして成海璃子さん、真飛聖さんという、これ以上望めない魅力的かつバラエティーに富んだ布陣です。激しいセリフの応酬、目的のために手段を択ばず戦うブッ飛んだ強い女たちをどう演じていただけるか今から楽しみです。女性の怖さ、強さ、脆さ、滑稽さを存分に表現していただけると思います。

虚実が交錯するドラマでもあり、女優の皆さんには芸名と同じ「名前」で演じていただきます。そんな遊び心にもぜひご注目ください!毎話ハプニングの連続ですが衝撃の最終話までお見逃しのないようご覧いただければ幸いです。(テレビ東京 田中智子)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/1 5:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます