「ここにデートで来たらあとが大変だろうな…」山田裕貴を唸らせた、銀座の正統派和食


今年は、主演ドラマ『ここは今から倫理です。』が3月度ギャラクシー賞月間賞を獲得し、7月公開の映画『東京リベンジャーズ』では、錚々たる俳優陣とともに主要キャストを演じる山田裕貴さん。

いま話題の和食店『銀座 志翠』に入る姿も、凛とした大人の佇まいで様になっていたが、外食の話を聞くと、「正直、ちゃんと食べられるようになったのは最近です」との返事。

デビューからの苦悩や俳優業への思いを、檜のカウンターで聞いた。



山田裕貴さんのインタビューを、今日と明日の2日に渡ってお届け!撮影当日の裏話も公開します。

【前編】
■山田裕貴さんも唸った『銀座 志翠』の魅力
■WEBでしか読めない、東カレ編集部による“撮影当日の話”

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。皆様の「行きたい店リスト」に加えていただければ幸いです。

銀座の真ん中で、静岡の風を感じる夜


「わあ、すごい!」

東銀座のビルの8階にある店に入った瞬間、山田裕貴さんは、素直にリアクションした。

何も無駄なものが置かれず、研ぎ澄まされた雰囲気を放つカウンターに魅了されたようだ。

「料理に集中してもらいたいということですかね?」との予想は、店主・前田公志さんの意図とぴたり一致。

その静かで穏やかな空気感と同じく、ここでは派手な演出や華美な食材は登場しない。店主の地元である静岡を中心とした厳選食材を、京都の技法で実直に仕上げる。

手が込んでいることは、目ではもちろん舌でもわかる。


「扉を開けてすぐ、絶対に美味しいお店って想像できちゃいますよね」と心躍らせる山田さん。

檜のカウンターが美しい店内


「もし付き合う前にこの店に来たら、アベレージが上がってあとが大変そう(笑)」

山田さんは、ここでのデートを想像してお茶目に話す。

山田裕貴さんの大好物でもある、静岡市民のご馳走が登場!


稚鮎の唐揚げ、空豆のとも焼き、芽キャベツ、うるいと飯蛸などがのった前菜。


用宗港からの伊勢エビに、相良港からの鬼笠子によるお造り。

用宗の生しらすは、静岡市民のご馳走。奇遇にも山田さんの大好物も生しらすだった


もともと前田さんは関西で12年修業したのち、静岡で独立。いいお客さんに恵まれたが、また違う客層でも勝負したいと、昨年9月に銀座に進出した。

静岡時代と同じ仕入れ先から食材を取り寄せているので、旬も鮮度も確かなものが届く。

用宗港でその日の朝に獲れた生しらすや、富士宮の萬幻豚、久能の葉しょうがなど、駿河の自然が育んだ食材を東京にいながら味わえる。

特に印象的なのが、由比の桜エビのすり流しだ。桜エビの旨みが凝縮した汁にしらすが潜み、アクセントは畳鰯。

蓋を開ければ、駿河湾を象徴する香りが漂い、銀座にいながらその瞬間は静岡にトリップする。


緑と白2色のアスパラを使ったアスパラ饅頭と鮑のお椀。


尾崎牛で巻いた久能の葉しょうがと、富士宮産萬幻豚のおかき粉揚げ。

桜エビと新茶葉のごはんと桜海老のすり流し。すべてコース(16,500円)の一例


「僕は普段食べるのがとても早いけど、このお店では口の中に残しておきたくなるほどすべてが美味しい。味わうとはこういうことだと知りました」と山田さん。

静岡の食材を堪能して、同県への親しみを高めていったのだった。

【WEB限定】編集部は見た!山田裕貴さんの撮影当日ルポ


本誌初登場となる山田裕貴さん。取材当日は、東京カレンダーに出演するなら衣装はオールブラックで、とご本人たっての希望で艶やかなスタイリングでご登場。

湾岸スタジオでの収録の後、「朝から何も食べてないから、お腹はぺこぺこです!」と、最高のコンディションで東京カレンダーの撮影に臨んで頂きました。

印象的だったのは、インタビューの合間に店主、お店のストーリー、お料理の説明に目をきらきらとさせて真剣に聞かれるご様子。

インタビューにて、俳優業について「人の心を考える仕事」とお話されますが、撮影時も随所でその価値観がうかがえました。

同世代で活躍する山﨑賢人さんや吉沢亮さんのお話や、ご家族や俳優業に対する思いなど……正直な気持ちを吐露してくれました。

どんな役もこなす演技派として映画やドラマで引っ張りだこの山田さんですが、実際お話すると、強さと愛嬌溢れる“山田裕貴”という人間の奥深さにどっぷりハマってしまいました。


【後編】 6/2に公開!
■山田裕貴さん深堀インタビュー!
■東カレオリジナル動画も!

■プロフィール
山田裕貴 1990年生まれ、愛知県出身。2011年に俳優デビュー。2021年『ここは今から倫理です。』(NHK総合)に主演。7月公開予定の映画『東京リベンジャーズ』に東京卍會副総長のドラケン役として出演する。

■衣装
ジャケット 134,200円〈コモン スウェーデン/ジェムプロジェクター TEL:03-6418-7910〉、シャツ 42,900円、パンツ 42,900円〈ともにウジョー/エム TEL:03-3498-6633〉、その他スタイリスト私物



東京カレンダー最新号では、山田裕貴さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、私生活の話や、12年前の決意の話とは?

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/1 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます