ユージ 木下優樹菜さんに応援メッセージ「彼女の人生は続いていく」

拡大画像を見る

 31日放送のTBS「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」では、元タレントの木下優樹菜さんが、広告出演契約を結んでいた美容製品の製造販売元から、元所属事務所などとともに3億円の損害賠償請求されたことを特集した。

 タレントのユージは「1人の人間として彼女の人生はこれからも続いていく。そういった意味では発言に気をつけていただいて、親としては応援していきたい」と言葉を選びつつ、エールを送った。

 「木下さんとは接点はなかったけど、まるっきり同級生で、勝手な親近感があった」というユージは「今回、こういう話題があって残念な気持ちはあるけど、同時に親でもあり、子どももいる」と木下さんの置かれた状況に理解を見いだした。

 その上で「被害にあった方々のことを考えると、木下さんにポジティブなコメントはしづらいんですけど、そこは抜きにして」と前置きして、あえて「応援」というワードを選びメッセージを送っていた。

 一方で 出演した前宮崎県知事の東国原英夫は「数カ月前にコロナ禍に外でバーベキューをやっていて問題になった。ことの正否ではなく、全体的にイメージの毀損(きそん)になって残念」と指摘した。

関連リンク

  • 5/31 20:49
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます