コンビニ限定のアイスを買って帰ったら?『違和感の正体』に気付くのが遅かった…

拡大画像を見る

枝の形をした、森永製菓株式会社(以下、森永製菓)のチョコレート菓子『小枝』

シュガーコートされたアーモンドと、2種類のパフが入っていて、サクサクとした食感を楽しめます。

そんな小枝が、2021年で発売50周年を迎えました!

カテゴリーの枠を超えたコラボレーション商品として、同年5月中旬から全国のコンビニ限定で『小枝アイスバー<クリスプアーモンド&バニラ>』が発売されていると聞き、早速買ってきました。

小枝は短いスティック状の菓子ですが、アイスとコラボしたらだいぶ立派な姿に!

これは小枝というより、『中枝』くらいいっているのではないでしょうか。

クランチアーモンド入りのバニラアイスを、クランチアーモンドとビスケット入りのチョコレートでコーティング。ザクザクとした食感を楽しめるバーアイスです。

食べてみると、パリッとしながらも溶けのいいチョコが、バニラアイスとよく合いました。ザクザクとした食感も、小枝のパワーアップ版という感じでおいしいです!

この商品のサイズ感とおいしさを伝えるため、見映えのいい写真を何枚か撮っていたのですが…。

(なんか、アイスのパッケージが視界に入るとモヤモヤする…)

手に持ったアイスの後ろにある、パッケージに違和感を覚えます。

商品名を確認して、違和感の正体が判明!

『小枝(こえだ)』でなくて、『小技(こわざ)』じゃ~ん!

「森永製菓のミスか」と一瞬ドキッとしますが、どうやらわざと『小技(こわざ)』とプリントしたバージョンを混ぜているようです。

改めてコンビニに行って確認してみると、思いのほか『小技(こわざ)』が多数混ざっていて笑ってしまいました。

たくさん混ざっているのに気付かないなんて…人間の目はあてにならないものですね。

SNS上でも話題となっており、「近所のコンビニ、アイスケースの中で『小技(こわざ)』ばっかり繰り出していて笑う」「むしろ『小枝(こえだ)』を探した」と目撃情報が集まっています。

『小枝アイスバー<クリスプアーモンド&バニラ>』は1本162円(税込)。気になった人は、コンビニまで『小技(こわざ)』を探しに行ってみてください!

また、ほかにもコンビニにはおいしいアイスが多数あるので、日々チェックすると嬉しい出会いがあるかもしれません。

セブンイレブンの棒アイス、「食感がいい」との声が多数! カロリーには要注意

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/31 18:47
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます