休養中のリトグリ・芹奈「双極性障害」、「ADHD」だった 病名公表で復帰に前向き

拡大画像を見る

 5人組女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のメンバーで昨年12月から体調不良のため一時休養している芹奈(22)が「双極性障害」「ADHD」と診断されていたことが31日、分かった。所属事務所が発表した。

 病名を公表したことについては「芹奈とスタッフで話し合いを重ね、ご心配をおかけしている皆様に、病名をお伝えする事と致しました」「また同じ病気を抱えている方たちに少しでもお力になれれば、という本人の強い想いで、病名と現状をお伝えさせていただくことと致しました」などと経緯を説明。病状については「緩やかにではありますが、回復しており、活動再開に向けて着実に前に歩みを進めております」と快方に向かっていることを明かした。

 また、芹奈本人もコメントも発表。「どんな時でも自分らしくいることが大切なのではないか。隠すことなく恥じることなく。私の姿が、どこかの同じ誰かの1秒でも1日でも救えたら。その想いで発表することを決めました」と心境を明かし「また皆さんの元に戻れるように、待っていてください」とファンに呼びかけた。

 芹奈は昨年12月20日に体調不良のため、休養を発表。グループは4年連続の出場となった昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に4人で出演し、今年1月の日本武道館ライブなどアリーナツアーも4人で行うなど活動を継続していた。

 リトグリは新曲「君といれば」を6月9日にデジタル配信のみでリリース予定。芹奈の今後について、所属事務所は「活動再開をお知らせ出来る時期が参りましたら、改めてご報告させていただきます」とした。

関連リンク

  • 5/31 18:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます