杉良太郎 ダンス甲子園構想ぶち上げる「年イチでチャンピオンシップやりたい」

拡大画像を見る

 歌手で俳優の杉良太郎(76)が31日、都内で、「超党派 日本国際ダンス連盟を応援する議員連盟」第2回総会に出席した。

 日本国際ダンス連盟(FIDA JAPAN)の名誉会長を務めており、高校ダンス部の全国大会「ハイスクールダンスコンペティション」を、FIDAが主催することなどを報告。「野球でいう甲子園のような受け皿を作っていく。年1回、チャンピオンシップをやりたい」と構想を説明した。

 FIDA会長でDリーグCOOの神田勘太朗氏(41)も同席。“ダンスの聖地”には東京体育館が候補に挙がっており、「ダンスの部活動からプロへの道を作って、ドラフト会議のようなことも考えてます。今までは活躍しても先がなかったので」と補足した。

 平沢勝栄復興相(75)、河村建夫衆院議員(78)らも出席。平沢復興相は「ダンスを普及させ、健康な社会を作ろうという趣旨は素晴らしい。(パリ)五輪の種目にもなって、ダンスの考え方は変わってくる」と期待していた。

関連リンク

  • 5/31 17:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます