西島秀俊は、甘いものを与えれば大人しくなる!?『シェフは名探偵』爆笑会見レポ

拡大画像を見る

西島秀俊が主演を務める『シェフは名探偵』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~※初回放送は5分拡大)が、5月31日(月)よりスタート。このほど、リモート記者会見が行われ、西島をはじめ、濱田岳、神尾佑、石井杏奈が出席した。

本作は、近藤史恵による人気小説シリーズ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」が原作。「ビストロ・パ・マル」を舞台に、西島演じるシェフ・三舟忍が、人並み外れた洞察力で、訪れた客たちが巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解いていくグルメミステリー。濱田、神尾、石井は、同ビストロの従業員を演じる。

「素敵なキャストのみなさんと、素敵なドラマが作れた」と挨拶した西島は、ワンシチュエーションでの撮影について「だんだん撮影しているのか、レストランに就職したのかわからなくなった」と笑い、「料理をしている途中に演技をしている感覚だった」と回顧。濱田は、撮影とストーリーがシンクロして「謎のリアリティがあった」と話し、石井も「毎日(同じ共演者と)顔を合わせて、苦楽を共にして、嬉しかったし、楽しかったし、大変なこともあったけど、いい経験になりました」と振り返った。

会見は、終始笑顔が絶えない和やかなムード。西島は「疲れを感じるようになってから、防御の殻もなくなって、みんなむき出しになって仲良くなっていった」といい、「テリさん(神尾)は、もっと怖い人だと思っていたから、こんなにおちゃらけた人だと思わなかった」と本音を明かすと、神尾も「お互い様ですよ」と西島をチラリ。

今作には様々な絶品料理が登場し、スイーツ好きの西島が「ガレット・デ・ロワとか、タルト・タタンとかが印象に残っている」と語ると、「(西島には)甘いものを与えておけば大人しくなるって、何かで読んだな」と神尾。西島が「大人しくなるって……(笑)。暴れてないですよ!」と抗議するも、濱田から「何を読んだんですか? 取り扱い本とか?」とツッコミが入り、キャスト一同大爆笑。

またドラマのタイトルにかけて「これは名探偵ものだ!」と思った出来事を聞かれると、「難しいな……」と厳しい顔のキャストたち。そんな中、石井が「しょうもないんですけど」と切り出し、「カレーの作り方を教えていただいて、(家で)リンゴ1個と、にんじんと玉ねぎを入れて作ったんですけど、あまりおいしくなくて。次の日、リンゴを半分にしてみたら、おいしかったんですよ!」と嬉しそうに報告すると、濱田から「名推理だ」との声が。西島も「そういうことか」と納得し、石井は「やったー!」と喜んだ。

続いて、出演者の中で一番探偵に向いている人を聞かれ、「誰も向いてないんじゃないですかね」とこぼす西島に、キャストたちは「確かに」と苦笑い。神尾が「でも、岳くんが一番アンテナを張ってるんじゃない?」と話すと、西島が間髪入れずに「ほんとですか!?」と首をかしげる。濱田は「それ、僕が言うことじゃない? なんで先に言っちゃうの!」とクレームを入れるも、再び神尾が「(濱田だと思うけど)どう?」と尋ねると、「そう?」とかたくなに認めない西島。「なんでそんなに嫌なんですか!」と不服そうな濱田だったが、自分にも思い当たる節があるようで、「僕は向いていないと思います。かなり事なかれ主義なので、“そんなこともあるよね”で片付けちゃう」と明かした。

さらに西島が「あんこ(石井)は向いてないもんね」とつぶやくと、「なんで!? 向きたい!」と石井。神尾が「あんこは、どうでもいいと思ってるから。いろんなことを」とおどけると、濱田も「うるさいおじさんたちだなと思っていたんでしょ?」と続き、これには石井が「ひどい! ちゃんとみんなの性格を分析してましたよ」と楽しそうに反論。最終的には、濱田の「オーナー役の佐藤寛太くんはどう?」という意見に、全員が「ああ!」と共感し、石井が「佐藤さんで」と話題を締めると、西島は「事なかれ~」と笑い声を響かせた。

最後に西島は「近藤(史恵)先生の原作がとても素晴らしいストーリーで、料理を通して人の悩みを感じ取って解決するっていうなかなか発想できない(物語)。しかも、問題を料理の中から嗅ぎ取るっていうアイデアが素晴らしいので、そのアイデアを丁寧に忠実に、またドラマとしておもしろいものを付け加えて作りました」と自信の表情。「今、外に食べに行ったりもできない時期なので、夜中ですけど、「ビストロ・パ・マル」にゲストの俳優さんたちと一緒に来てもらう感覚で見ていただいて、素敵な料理と温かい人間ドラマを楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

<ストーリー>
高築智行(濱田)はひょんなことから、三舟忍(西島)がシェフを務めるレストラン「ビストロ・パ・マル」のギャルソンになるが、働き始めて早々、迷惑な客が次々と来店し困惑する。例えば、好き嫌いが激しく何かと注文をつけてくる粕屋孝一、恋人らしき川出恵子と口論した挙句デザートにダメ出しする鶴岡正……。そんな彼らの背後にある真実を、三舟はお節介と洞察力で解き明かしていく。

関連リンク

  • 5/30 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます