池袋は油そばの激戦区!定番から創作まで楽しめる油そば店5選◎

拡大画像を見る

池袋は油そばの激戦区!ラーメンより低カロリーで塩分控えめと人気沸騰中の油そば。ラーメンやつけ麺の人気店溢れる池袋で、オススメのお店を一挙5店紹介しちゃいます!今日のランチの候補や、飲み会後の〆の1杯にいかがでしょうか?


【池袋でおすすめの油そば】1. 池袋で王道でシンプルを楽しむ!「油そば 東京油組総本店 池袋組」


tabelog.com


最初に紹介するのはこちら「油そば 東京油組総本店(とうきょうあぶらぐみそうほんてん) 池袋組」。油そばブームの先駆け的なこちらのお店の売りは超王道のシンプルな油そば。
油そば発祥店として知られる小金井の行列店、「珍珍亭」のようなオーソドックスな油そばを食べることができます。

中太麺に濃厚なタレをよく絡め、お好みでお酢やラー油を加えて頂くというオーソドックスな油そばのスタイルを楽しめます。


豊富なトッピングで味のバリエーションを楽しむ油そば♪


tabelog.com


温泉卵やチャーシューなどのトッピングも豊富なところも嬉しいですね♪
卓上には刻み玉ねぎもあり無料で使えるので、途中で味を変えてアクセントにするのも◎

月~土曜日は、翌4:00まで!深夜にラーメン食べたくなった時に利用出来るのも嬉しいポイント!

「油そば 東京油組総本店 池袋組」で、王道の油そばを味わってみては?


<スポット情報>
油そば 東京油組総本店 池袋組
住所: 東京都豊島区西池袋1-23-1 1F
電話:


【池袋でおすすめの油そば】2. 池袋の人気店。食べ応え抜群!「油そば 春日亭 池袋東口店」


tabelog.com


こちらは池袋東口から徒歩5分ほどのところにある「油そば 春日亭(かすがてい) 池袋東口店」。
「春日亭」の油そばの特徴は強い小麦の香りと食べ応えが抜群の太めの麺です。

おすすめはこちらの「鳥豚油そば」。名前の通り、鶏と豚の旨みを楽しめます。お好みでお酢とラー油をかけると◎
筆者のオススメはラー油マシマシです!


豊富なメニューラインアップが嬉しい♪


tabelog.com


こちらは「海老辛ジャン油そば」。
海老の殻を粉末にして数時間ラー油で熱した自家製のジャンが乗っています。
筆者もこちらを頂きましたが、エビの強い香りとピリ辛さで最後まで飽きることなく楽しめました!

こちらの「春日亭」、食前スープと〆の割スープを無料で提供してくれるのもポイント。温かいスープでさっぱりと油そばを食べ終えることができますよ。

こちらのお店の営業時間は、11:00~23:00まで。麺がなくなり次第、終了です!
池袋の「春日亭」で油そばを楽しんでみては?


<スポット情報>
油そば 春日亭 池袋東口店
住所: 東京都豊島区東池袋1-28-3 市川ビル 1F
電話: 03-6709-0986


【池袋でおすすめの油そば】3. 池袋で無化調と和風ダシの優しい味わいの油そばを!「瞠」


tabelog.com


こちらは池袋東口から徒歩5分ほどのサンシャイン通りを歩き切ったところにある「瞠(みはる)」というお店。

こちらは化学調味料を一切使用していない、こだわりの無化調の油そばやラーメン、つけ麺が売りのお店♪(※"瞠 公式HP"参照)

丁寧に取られた煮干しや鰹などの出汁を使ったスープが美味しいこちらの「瞠」。
油そばも同様、無化調かつ和風の出汁をふんだんに使ったこだわりが見られる1品です!


公式HP


油そばはもちろん、ラーメンもおすすめ◎


tabelog.com


優しい味わいなのに物足りなさを感じさせない油そばもオススメですが、この「瞠」はラーメンも◎

煮干しのコクを強く感じることができるスープにコシのある麺に極太メンマなど、随所にこだわりが見て取れ、完成度の高い1杯が楽しめますよ!
油そばの他にもラーメンやつけ麺も美味しいので何度でも飽きることなく楽しめます。

こちらのお店の営業時間は、月~金曜日が11:00~15:30、17:00~22:00。
土日祝日が11:00~22:00までです。

こだわりスープが美味しい「瞠」で和風な油そばを楽しんでみては?


<スポット情報>
瞠 池袋店 (miharu)
住所: 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 1F
電話:


【池袋でおすすめの油そば】4. 池袋西口!麺の種類を選べちゃう!「寵児」


tabelog.com


こちらは池袋駅西口から徒歩3分ほどのところにお店を構える「寵児(ちょうじ)」。

最近ではバリエーション豊かな油そばを出すお店が増えてきている中で、正統派でベーシックな油そばを出しているお店です。

そんなこちらのお店には他のお店と違う、大きな特徴が2つあります。

まず1つ目は調味料のサービスです。「わさび・洋からし・コチュジャン・紅ショウガ・タバスコ・粉チーズ・魚粉・マヨネーズ」の中から3種類までを無料でトッピングできちゃうんです!

筆者のオススメは、コチュジャンと粉チーズです。自分だけの油そばがカスタマイズできちゃう、嬉しいサービスですね♪


あなたはどっち?麺の種類を選んで楽しい。


tabelog.com


そして2つ目のサービスは、麺の種類を選べること。モチモチ麺とゴワゴワ麺の2種類から好みや気分に合わせて麺を選べちゃう!

モチモチ麺はうどんに使われる小麦を使用したその名の通りモッチリとした触感で、滑らかな舌触りとつるりとしたのど越しを楽しめます。
ゴワゴワ麺はパンにも使われる強力粉を使用しており、強い弾力による歯応えと食感が油そばにピッタリ!

その日の気分に合わせて麺を選べるのは嬉しいサービスですよね♪

こちらのお店の営業時間は、11:00~翌0:00までです。

調味料や麺のカスタマイズが楽しめる「寵児」で、自分だけのお気に入りの油そばを見つけてみては?


<スポット情報>
寵児 (ちょうじ)
住所: 東京都豊島区西池袋1-34-3 矢島ビル ニューウェーブ 1F
電話:


【池袋でおすすめの油そば】5. 池袋の割烹が造る、創作まぜそばが楽しめる!「一龍庵」


tabelog.com


こちらのお店は、ランチタイムは毎週水曜日と木曜日、各日11時30分〜14時までの2時間30分のみ営業している「麺処 一龍庵(いちりゅうあん)池袋本店」というお店。

池袋駅西口から徒歩5分ほどのところにお店を構えており、夜には日本酒とお料理を提供している割烹なんだそう。

「麺処 一龍庵 池袋本店」の看板商品はなんと「ポルチーニオイルのまぜそば」!
イタリア産のポルチーニを使用したというこちらのまぜそばは、ポルチーニの芳醇で贅沢な香りが食欲をそそるなんとも新感覚な1杯です。

こちらのランチタイム25〜30食限定での提供ですのでお早めに!


魅力は油そばだけではない!サイドメニューも絶品♡


tabelog.com


こちらの写真はサイドメニューのミニチャーシュー丼。

まぜそばには鶏と豚のチャーシューが乗っていますが、こちらのチャーシュー丼は豚のチャーシューと卵黄が乗っています。
卵黄をつぶし、味が染みて柔らかいチャーシューと絡めて食べると◎

池袋の割烹で味わえる、高級感溢れる独創的なまぜそばを是非一度味わってみては?
ランチの営業は水曜日と木曜日のみですので気を付けてくださいね!


<スポット情報>
池袋 一龍庵
住所: 東京都豊島区西池袋3-25-6 清宮ビル1階
電話:


油そば激戦区の池袋で自分だけの1杯を!


pixta.jp


いかがでしたか?池袋ではオーソドックスな油そばはもちろん、他では味わえない独創的な油そばやまぜそばも楽しめちゃうんです♪

その日の気分に合わせて油そばを選んだり、自分だけの油そばをカスタマイズしてみるのもきっと楽しいですよ!
池袋であなただけの油そばを見つけてみてはいかがでしょうか?


池袋のグルメ特集はこちら!

関連リンク

  • 5/31 14:15
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます