八代弁護士、大坂は記者に指摘すべきで「主催者に反旗はやるべきではないと思う」

拡大画像を見る

 国際弁護士の八代英輝氏が31日、TBS系「ひるおび!」で、全仏オープンで会見を拒否した大坂なおみについて、辛い質問をされた場合、「記者に対して指摘すべきであって、会見自体をボイコットして大会主催者に反旗を翻すっていうのはやるべきことではないのではないか?」との意見を述べた。

 番組では大坂の全仏オープン会見拒否について議論。「厳しいことではあるかもしれないが、賞金などを受け取る以上は大会の規定に従うのはルールなんではないかなと」との見解をまずは示した。

 そして「個別の質問、レベルの低い質問や、人格を辱める質問の場合は、会見で記者に対して指摘すべきであって、会見自体をボイコットして大会主催者に反旗を翻すってことはやるべきことではないんじゃないかなと思う」とも語った。

 これに恵俊彰は「でも、あのセリーナでさえ、質問を受け涙ぐんで退出するシーンがあった。本当にあんたそんなことよく言えますねとか、(記者に面と向かって)言えるのかと思っちゃいますが」と言うと、八代弁護士は「負けた後に、傷口に塩を塗るような(質問は)必要性があるかは疑問に思う」とし「せめて、コーチとか同席を認める形にしても。答えたくないときはコーチとか…」と選手1人ではなく、関係者の同席を認めても良いのではないかとの考えも示した。

 最後に「本当に、当然医師もいるんでしょうけど、(精神的な)ケアも必要だと思うし、心の負担どれだけかかっているかはしっかり聴取すべきではないか。主催者側も」とコメント。「(会見が)仕事の一部と割り切れないという人もいらっしゃることに、対応を考えるタイミングなのかなとも思う」とも語った。

関連リンク

  • 5/31 12:57
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます