大野智が1位、最下位は!?相葉雅紀が告白「1曲3時間で入れる」嵐のダンスは大変!

拡大画像を見る

 5月30日に放送された『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で、嵐の相葉雅紀(38)が嵐のダンスについて言及する場面があった。

 この日、全国各地を訪れ、その地で収穫した旬の食材を使って料理を作る『旬の産地ごはん』のコーナーでは、東京都日野市の『日野樽トマト』を紹介。地元の方から絶品レシピを教わった。

「調理の合間に相葉は、レシピを教わった地元の女性から、“高校生になる娘がダンス部に所属していて振り付けがなかなか覚えられないと言っている。相葉さんはどうやって振り付けを覚えていましたか?”という質問を受けます。

 これに相葉は、“俺も覚えらんない”としつつ、嵐時代について振り返り、“僕らは対面で、5人に(振付師が)教えてくれて、1曲3時間くらいで終わるんですよ”と、長い時間をかけてダンスを練習していたと話します。その上で相葉は、“繰り返しやることですよね。何回もね。やって入れるしかない”とアドバイスを送りました」(テレビ誌ライター)

■マドンナの専属ダンサーが大野を称賛!

 相葉の話には、「見えないところで常に全力で頑張ってくれてたんだなあ」「1曲大体3時間なんだ!」といった声がネット上に上がっていた。

「昨年12月31日に行われた『This is 嵐 LIVE』では、28曲も披露した嵐ですが、1曲の振りを入れるのに3時間かかるということで、いかに大変かがうかがい知れますよね。ハイレベルなパフォーマンスで20年以上ファンを魅了し続けた裏には、やはり並大抵じゃない努力があったということでしょう」(女性誌記者)

 長い時間、集中力を研ぎ澄ませ、体力を限界まで追い込みながら完成させていた嵐のダンス。プロからも高い評価を受けている彼らのダンスだが、そこには“順列”も存在するようだ。

 2020年10月6日、アンケートサイト『ボイスノート』が、会員632人に行った『ダンスが上手いと思う嵐メンバーランキング』を発表した。

「1位となったのは大野智(40)でした。大野は、2012年8月放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、マイケル・ジャクソンのオーディションに合格し、マドンナ(62)の専属ダンサーも務めたケント・モリ氏(36)とも共演。

 モリ氏が、“短いリハーサルしかできなかったので、本番ぶっつけってことだったんですけど完璧に振り付け合わせてきたので本当にプロだなと思いました”と称賛した、世界的なダンサーも認めるレベルです。ファンも当然、大野のダンスが素晴らしいことは知っている。予想通りの1位獲得だったのではないでしょうか」(前同)

■二宮のダンスは個性的!

 アンケートサイト『ボイスノート』の『ダンスが上手いと思う嵐メンバーランキング』では、2位にはコンサートの演出も手掛ける松本潤(37)がランクイン。3位は相葉、4位には櫻井翔(39)、最下位は櫻井と僅差で二宮和也(48)という結果だった。

「松本は、“華やか”“色気がある”といった声が以前からあり、魅せるダンスに定評があります。3位の相葉ですが、“相葉くんダンスの振付覚えるのめちゃくちゃ早い”“カッコイイダンス踊れる”との声があり、大野と松本の影に隠れてしまっているものの、ファンからの評価は高いですね。でも、その裏には、『相葉マナブ』で語った見えないところでの頑張りがあったということですよね」(前出の女性誌記者)

 一方、下位になってしまった櫻井は、

「以前、バラエティー番組で大野から振り付けを教わる際、大野は櫻井を“ポンコツ”と称しており、他の4人が2時間で振り付けを覚えるのに、櫻井1人だけ“消沈しているとの状態”と話していました。さらに大野によると、“フォーメーション変わるときとかパニくっちゃって、次どこに行っていいかわからなくなる”とも指摘されているので、ダンスはあまり得意ではないようですね。

 そして、最下位になってしまった二宮ですが、“ニノはダンス下手”との声もある一方、“ニノのダンスのクセがすごい”“ニノちゃんのダンスのクセというか関節の使い方が好き”といった、個性的なダンスを評価する声も少なくないです」(前同)

 嵐5人のダンスに対して、外野からの評価はあるようだが、全員がファンを想い、楽しんでもらえるよう真剣に取り組んできたことは間違いない。

「ダンスでそれぞれ得意不得意はあるでしょうが、素晴らしいステージ、作品を作り続けてくれましたよね。いつか、また5人揃ってのステージが見られる日を期待したいですね」(同)

 嵐の活動休止から半年――。はたして再起動の日は!?

関連リンク

  • 5/31 12:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます