人恋しいタイミングの男性が食い付くLINE5パターン

LINEのやりとりをきっかけに急速に距離が縮まるのはよくあることでしょう。では、誰かに構ってほしい心境の男性が思わず即レスしたくなるのは、いったいどんな内容のメッセージなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「人恋しいタイミングの男性が食い付くLINE」をご紹介します。

【1】「久しぶりにあなたとしゃべりたくなっちゃって」と突然連絡が来る
「『用事はないけど思い出したから』みたいなのはグッときますね」(10代男性)など、人恋しいときの男性は、「特に何かあるわけではない突然の連絡」に思わず食い付くようです。逆にいうと、急に思い立って連絡をするときは、無理に口実などをでっちあげなくてもいいということなので、気軽にメッセージを送ってみましょう。

【2】「もうすぐ誕生日だね」と個人的なことを覚えていてくれる
「彼女でもない子が誕生日を覚えててくれるのは素直にうれしい」(10代男性)など、人恋しいときの男性は、誕生日など「記念日のメッセージ」に思わず食い付くようです。明確な彼氏候補でなくても、「いいな」と思う男性がいたら、誕生日を把握しておいて損はないかもしれません。

【3】「最近どうなの?なんかいいことあった?」と近況を訊ねられる
「暇だなーってときに『最近どう?』みたいなのが来ると、思わず長文を返してしまう(笑)」(20代男性)など、人恋しいときの男性は、「近況を訊ねる質問」に思わず食い付くようです。話のついでに「今夜暇ならメシでもどう?」という流れになる可能性もあるので、最近ご無沙汰のイケメンがいたら、とりあえず連絡してみてはいかがでしょうか。

【4】「突然ごめん、スマホの買い替えで相談があって」とアドバイスを求められる
「誰かと絡みたいときに相談事を持ちかけられたら、必要以上に丁寧に対応するかも」(20代男性)など、人恋しいときの男性は、「相談LINE」に思わず食い付くようです。親切にあれこれ教えてもらったら、「○○さんのお陰で助かりました。お礼に今度食事をごちそうさせてください」と申し出るのもアリでしょう。

【5】「今週時間ある?ゴハン行こうよ」と誘われる
「彼女候補でもなんでもない、ただの知り合いの子でも、二つ返事でOKしてしまう」(20代男性)など、人恋しいときの男性は、「食事の誘い」に思わず食い付くようです。とはいえ、間が悪いとうまく事が運ばないので、意中の男性が暇そうにしているかどうかはSNSなどで探ったほうがいいでしょう。

軽くスルーされるようなら、タイミングが合わなかったということなので、あまり気にせず次の機会を待ちましょう。(紺野竜平)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/31 12:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます