飼い主が、驚きで言葉を失った猫の行動 寝るときにベッドのそばで?

拡大画像を見る

動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。

子猫を、ろん(本名:くろあん)と呼び、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。

ろんの絵日記

AKRさんのことが大好きな、ろんちゃん。一緒のベッドで寝ることも、珍しくありません。

しかし、AKRさんが呼んでもろんちゃんがベッドに入ってこようとしない日があったといいます。

『ねこの策略にまんまとひっかかって枕を奪われている絵日記』

AKRさんが上半身を起こしたタイミングを狙い、お目当ての枕のポジションを見事ゲットした、ろんちゃん。

これには、AKRさんも「天才か…」と感心してしまったといいます!

枕の位置を奪われたものの、絵日記の中のAKRさんは、ろんちゃんの策士ぶりになぜだか嬉しそうな様子。

飼っている猫の頭のよさが垣間見えて、誇らしい気持ちなのかもしれませんね。

また、同様にペットに枕を奪われた経験がある飼い主は多いのか、絵日記には「我が家もです」といったコメントも。

ペットたちが、巧妙な罠をはり、お気に入りのポジションをゲットできるのも、飼い主の行動を日頃から観察しているからなのでしょう。

ある意味、ペットと飼い主が普段からよくコミュニケーションをとっていることがうかがえますね。

『ろんの絵日記』単行本が発売中

AKRさんとろんちゃんの日常がぎゅっと詰まった単行本『黒猫ろんと暮らしたら』の第1~2巻が発売中です。

Twitterやブログに掲載された作品だけでなく、描きおろしやろんちゃんの写真も収録!気になる人はチェックしてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/31 11:14
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます