【安田記念見どころ】連覇狙うグランアレグリアが中心

拡大画像を見る

 グランアレグリアに注目したい。安田記念連覇を果たし、GI・6勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/6(日) 安田記念(3歳上・GI・東京芝1600m)

 グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)は前走のヴィクトリアマイルを4馬身差の完勝。得意のマイルに戻り、改めて力の違いを見せつけた。今回は中2週の連戦となるが、一時あった爪の不安は解消し中間は順調。08・09年のウオッカ以来となる安田記念連覇の期待は十分だ。鞍上はC.ルメール騎手。

 サリオス(牡4、美浦・堀宣行厩舎)は19年朝日杯FSの覇者で、重賞はこれまで3勝。今年初戦となった前走の大阪杯は道悪も響いて5着に終わったが、得意の東京コース、距離短縮となるここで巻き返しを期待したい。鞍上は前走に続き松山弘平騎手。

 インディチャンプ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)は2年前の春秋マイル王で、昨年の安田記念は3着。近走はマイルより短い距離を走り惜敗続きも、3月の高松宮記念では3着と好走するなど一線級の実力は健在だ。昨年後塵を拝したグランアレグリアにリベンジなるか。鞍上は福永祐一騎手。

 その他、NHKマイルCの覇者シュネルマイスター(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)、前哨戦の京王杯スプリングCを制したラウダシオン(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)、前走マイラーズCを快勝してマイル重賞3勝目を挙げたケイデンスコール(牡5、栗東・安田隆行厩舎)、香港C以来半年ぶりの休み明けとなるダノンプレミアム(牡6、栗東・中内田充正厩舎)、マイル重賞で連続2着のカテドラル(牡5、栗東・池添学厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

関連リンク

  • 5/31 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます