株式相場、波乱要因に落ち着きも3万円は遠く......(5月31日~6月7日)【株と為替 今週のねらい目】

拡大画像を見る

東京株式市場で日経平均株価は、米国のインフレ懸念や長期金利の上昇傾向、暗号資産のビットコイン急落などの波乱要因が落ち着きを取り戻してきた。

ただ、米国の景気回復への見方が強まるなか、長期金利の上昇観測も根強く残り、日経平均株価は3万円を臨むには、まだ時間がかかりそう。外国為替相場もドル買い材料になりやすい。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 気になる週末の米雇用統計

日経平均株価予想レンジ:2万8500円~2万9600円

2021年5月28日(金)終値 2万9149円41銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、底堅い展開か。

前週の日経平均株価は、反発した。相場の懸念材料となっていた米国のインフレ懸念、長期金利の上昇が落ち着き、波乱要因となっていた暗号資産のビットコイン価格も落ち着きを取り戻した。

今週の日経平均株価は、底堅い展開となりそうだ。相場の懸念材料だった米国のインフレ懸念が後退し、米長期金利も安定した動きとなったことで、市場は落ち着きを取り戻している。

ただ、日経平均株価を3万円台に押し上げるには材料不足で、上値も重そうだ。週末に米国の雇用統計発表を控えていることから、神経質な展開になる可能性もありそうだ。

東京外国為替市場 ドル円相場は神経質な展開に

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円80銭~110円00銭

2021年5月28日(金)終値 109円81銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、1ドル=110円付近でもみ合いか。

前週のドル円相場は、ドルが強含みで推移した。週末にかけてドル上昇し、一時1ドル=110円台前半まで上昇した。米国の景気回復に対する強気な見方と、長期金利の上昇観測が根強く、ドルの買い材料となった。

今週のドル円相場は、1ドル=110円付近でのもみ合いとなりそうだ。米国の景気回復とともに、米長期金利が上昇するとの観測は強く、ドルの下支え要因となっている。一方で、直近の米国の経済指標は景気回復に一服感が出ており、ドル買い材料と放っていない。さらに、週末には雇用統計の発表を控えていることから、ドル円相場は神経質な展開になりそうだ。

経済指標は、国内では31日に4月の鉱工業生産、6月1日に1~3月期法人企業統計調査、4日に4月の家計調査などが予定されている。

海外では、31日に中国の5月の製造業PMI、6月1日に米国の5月のISM製造業景況指数、2日に米地区連銀経済報告(ベージュブック)、3日に米国の5月のADP雇用統計とISM非製造業景況指数、4日に米国の5月の雇用統計などが予定されている。

(鷲尾香一)

関連リンク

  • 5/31 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます