83歳のインスタグラマーがおしゃれすぎる「“老人らしさ”はノーサンキュー」

拡大画像を見る

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美活を強化しているにらさわあきこです。

 コロナでうつうつとした気分になりがちな昨今。「できれば明るく過ごしたい」と思っていても、気持ちがついていかないことってあります。そんな時にオススメなのが、元気をくれる本を見ること。

 たまたま立ち寄った本屋で見つけた、83歳のファッショニスタ・木村眞由美さんの本がとても素敵で勇気づけられたので、ご紹介します。

◆「私らしく」ファッションを楽しむ

 その本とは、83歳の神戸マダム・木村眞由美さんが出された『私はわたし、Age83のストリートスナップ』(KADOKAWA)。

 タイトルにある通り、著者は83歳の女性です。神戸マダムと紹介しましたが、いわゆるマダム然とした感じではなくて、とても身軽にいろんなお洒落を楽しんでいる様子なのが素敵なのです。

 著者の木村さんは神戸でセレクトショップを開いているのですが、そもそもは学校の先生をなさっていた方。昔からファッション業界にいたとか、モデル出身だとか、素晴らしくスタイルがいいというわけではありません。

 なのに、どのページもめちゃくちゃカッコよくて、お洒落で、見ていると気分が華やいでくるのです。本当にファッションが大好きで、毎日を楽しんでいらっしゃるのだなあというのがとてもよく伝わってきて、見ているだけで元気になれるのです。

 どうしたらそんなに自由に人生を楽しめるのかとページをめくっていると、本に書かれた文章にヒントが隠されていました。

 まず、木村さんが一番大切にしているのが、“私らしさ”。

「私には、『私らしさ』以外のらしさは通用しません(笑)。よく言われる、教師らしさ、母親らしさ、奥様らしさ、神戸らしさ、ましてや老人らしさ(笑)なんて、ノーサンキュー。私にとっての『私らしさ』とは、好きな服を好きに着て、それでいてカッコいい。これにつきます」(本文『まえがき』より引用)

 なんとカッコいいのでしょうか。実際、木村さんはとても自由にコーディネトをされていて、しかも決まっているのです!

◆79歳でInstagramをスタート!

 また、コロナ禍で人に会えないと「寂しいな」「孤独だな」と気持ちがふさいでしまうこともありますが、木村さんの友達はInstagram上にいるとか。

「今の私の暮らしの中心は、インスタです。生活にリズムはできるし、励みになるし、なによりワクワクするのは、お仲間が増えること!」(本文「友あり、インスタより来たる」より引用)

 …くぅーー。これまたカッコいいですよね!

 ちなみに木村さんがインスタを始めたのは、旦那さんが亡くなった2015年。つまり79歳のとき。

 その後、インスタにコーディネートを上げるようになると、ヴィヴットな色合わせや品よく着崩すお洒落なファッションがカッコいいと評判になり、全国にファンができ、一冊目の本を出版するに至りました。

 なので、この『私はわたし、Age83のストリートスナップ』は2冊目。つまり、木村さんは79歳でインスタを始め、82歳で最初の本を出し、83歳の今年、2冊目の本を出版したのです。

 コーディネートを担当したのはもちろん、全編にわたって登場し撮られているモデル役もご本人。なんともパワフルではないですか!

◆太っても年齢を重ねても…木村さんの心意気に痺れる

 そんな木村さんのファッションに対する心意気を紹介しておきましょう。

【1】街を歩いていて素敵だなと思う服があったら、たとえ若い人向けのお店であっても入る。そして若い人のまねをするのではなく「83歳の自分として」着こなす。

【2】体重が増えても、「隠しまくったらあかん、堂々としておれ、ですよ(笑)」と、視線を逸らすお洒落を考える。

……など、とにかくとても前向きで心に「縛り」がありません。

 本はファッションが素晴らしいのはもちろん、随所に書かれている木村さんの言葉やポリシーが本当にカッコよくて、1ページで何度でも、また、何通りにも楽しめます。

 コーディネートや洋服選びの参考にもなりますし、なによりも、「年齢を理由にして挑戦しないのってナンセンスだ」と心から思わされ、凹んだ時や人生の楽しみ方を忘れた時にもきっと読み返したくなる一冊でした。

<木村眞由美さんプロフィール>
1937年、広島県生まれ。教師をしていたハイカラな母親に雑草のように育てられ、はじけた子供時代を送る。高校時代、アバンギャルドなファッションにまみれる。日本女子体育大学卒業後、体育教師に。結婚により神戸に。次男誕生まで中学教師を務め、その後、子供服の店「hananoki(ハナノキ)」で一時代を築く。現在は、子供服と婦人服のセレクトショップ「hananoki」として存続。夫の死後、Instagramを始めると、ヴィヴィッドな色合わせ、品よく着くずすスタイリングに「カッコ良すぎる!」とファンが増殖中。
Instagram:@kobehananoki

―「美活(今さら)始めました」―

<文・写真/にらさわあきこ 写真提供/KADOKAWA>

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!』

関連リンク

  • 5/31 8:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます