清原果耶『おかえりモネ』永瀬廉とドロドロ三角関係でNHK朝ドラ「限界描写」へ

拡大画像を見る

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の第2週「いのちを守る仕事です」第6話が5月24日に放送され、King & Princeの永瀬廉(22)が初登場。精かんな漁師姿が視聴者の間で話題になっていたようだ。

 同ドラマは、宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で生まれ、高校卒業を機に内陸の森の町・登米(とめ)に移り住むことになったヒロイン、“モネ”こと永浦百音(清原果耶)が気象予報士を目指す物語。

 第2週では、森林組合の見習いとして働くモネが、努力のかいがあって正式に職員として採用される。同僚たちに祝福されて喜ぶモネだったが、そこに突然、父・耕治(内野聖陽/52)が娘を実家に連れ戻そうとやって来る。

 久しぶりに父とゆっくり話をしたモネだったが、今度は林業を学びに来た小学生の体験学習に駆り出され、付き添って森に行くことに。天候に恵まれ順調に体験学習は進んでいたが、天気が急変。モネは予期せぬ事態に見舞われて……という展開。

 永瀬が演じる“りょーちん”こと及川亮は、水産高校卒業後、すぐに漁師見習いとして漁船に乗り始めた設定。運動神経抜群で気配りのできる性格のため、とにかくモテるのだが、本人は意に介せずひょうひょうとふるまっている。モネとは幼少時から不思議とウマが合い、気心が知れた仲。

■永瀬廉に恋愛感情は皆無?

 永瀬の初登場は、モネの2歳下の妹・未知(蒔田彩珠/18)と気仙沼の港で再会するシーン。亮が「みーちゃん、土曜も学校?」と問いかけると、未知は緊張した面持ちで「せ、生産実習の、ホ、ホ、ホヤに餌やんなきゃいけなくて」と返す。

 船の上で作業をしながら、亮が「明日、また海に出るから」と明かすと、未知は憧れのような表情を浮かべ、「スゴく大変な仕事で、今、なる人少ないし、なのにスゴいです」と、漁師の仕事を選んだ亮を称賛した。

 亮は照れたように「そうかなぁ」と返事すると、急に船から飛び降り、港を走っている車から守るため、未知の腕を取って自分の体に引き寄せる。そして、未知に耳打ちするように、漁師の仕事はキツいため本当は海に出たくないと告白した。

 これに未知が「えっ?」と驚くと、亮は「でも、みーちゃんのおかげでちょっと元気出た。ありがとう」と、頭を下げてにっこり。未知はとまどいながら、姉がぜんぜん連絡してこないと話題を変えると、亮は「あぁ、モネな、そういうことあるよな」と納得していた。

 ほんの2分の登場シーンだったが、金髪で日に焼けた若き漁師姿の存在感は抜群。ツイッター上でも「方言も上手だったし、バッチリ爆イケ漁師を演じてたね」「優しくてカッコ良くてどこか素朴な等身大の海の男りょーちんを軽やかに演じる廉くんにまた惚れ直した」などと好評だった。

 気になるのは、モテモテ漁師・亮の恋模様だが、どうやら未知は彼に憧れにも似た恋心を抱いているようだ。その一方、亮は幼なじみのモネをよく理解しているらしいが、恋愛相手として見ているかは不明だ。

■永瀬廉に恋する幼なじみも登場!

 もし、亮がモネのことを好きな場合、姉と妹と亮をめぐる三角関係が発生してしまう。大学受験をことごとく失敗し、将来の目標を持てなかったモネは、水産業の研究者を目指すという夢をしっかり持っている未知にコンプレックスを持っているようだ。

 しかし未知の想いが通じず、亮がモネを好きになってしまったら、今度は未知がモネにコンプレックスどころか、嫉妬心を抱いて闇落ちすることは確実。さわやかな海や山の風景に似合わない、薄暗い感情が渦巻く恋のバトルが展開するかもしれない。

 これまで、『カーネーション』や『スカーレット』、『おちょやん』など、不倫や離婚など、男と女の複雑な関係を描いた朝ドラはあったが、姉妹で対決するのは珍しい。

 第3週の予告動画によると、モネは祖母の雅代(竹下景子/67)の初盆に合わせて気仙沼の実家へ帰省し、亮をはじめ、仲の良かった幼なじみと久しぶりに再会する。そこで、モネと保育園から一緒で、一番の幼なじみの野村明日美(恒松祐里/22)が登場。

 明日美が亮に「振り回され続けて18年!」と、物心ついたときから亮を思い続けているが、振り向いてもらえないと訴え、モネが「最悪!」とあきれるシーンがあり、どうやら三角関係どころではない様子。

 また、登米の診療所の若き医師・菅波光太郎(坂口健太郎/29)の存在も気になるところで、今のところ、モネの恋の相手の第一候補と思われる。今後、登米の山と気仙沼の海を舞台に、モネをめぐる恋模様は複雑にもつれるかもしれない。

 ただし、『おかえりモネ』の物語の本筋は、主人公が気象予報士を目指すストーリー。ほかの朝ドラのヒロインのように、仕事と結婚を両立させるのではなく、同じ東北を舞台にした『あまちゃん』のように、恋模様はドラマのスパイス程度になる可能性もある。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 5/31 6:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます