早く同棲したいけどタイミングが…みんなが同棲を始めたきっかけ4つ

好きな人と一緒に暮らすのって本当に楽しいですよね。一緒にいる時間が長くなるだけでなく、寝食をともにすることで見えてくる相手の素顔を見て、キュンとすることもあるでしょう。そこで今回は、同棲中の女性に「同棲を始めたきっかけ」について聞いてみました。

マンションの契約更新時

「マンションの契約更新が近くなったときに、カレに『2か月後にマンションの契約更新だ』って伝えたら、『じゃあ一緒に住む?』って言われた。たしかに更新料を支払うくらいなら引っ越してもいいかもって思っていたし、その頃にはもう付き合いも長かったから、ちょうどいいかもって一緒に暮らし始めた。結果的には安く、広い家に引っ越せて生活が充実した」(29歳女性・IT)

▽ マンションの契約更新のタイミングは、同棲開始のきっかけとなりますよね。もしカレと同棲したいと思っている人は、一度話題に出してみるといいかもしれません。

転職

「私が転職し、職場がカレの自宅沿線になった。土日カレの家に泊まって、月曜日はカレの家から出社する生活を繰り返しているうちに、『一緒に住む?』って言われて、カレの家に転がり込んだ感じ。そこから、二人じゃやっぱり手狭だからちゃんと部屋探しをしようっていうことで、広めの部屋を探して今に至る。お泊まりもよくしていたので、カレとの生活に大きなギャップはない」(30歳女性・金融)

▽ 転職すると職場の場所が変わりますよね。どちらかの自宅の方が通いやすいということになると、一緒に住もうかという話になりやすいのかもしれません。

失業

「次の就職先が決まる前に、仕事を辞めてしまったことがあった。そのときに、生活費が大変でしょと言ってカレが自宅に呼んでくれて、同棲が始まった。それから無事私も仕事が決まって、今は広い部屋に引っ越した。二人で暮らすのってやっぱり楽しいし、お互いこうして助け合える人なんだっていうのがわかったから、結婚に向けて今は話をしている」(30歳女性・人材)

▽ 失業して定期的な収入がなくなると、家賃や光熱費のような固定費が重く家計にのしかかってきますよね。そんなときに支えてくれる人がいるというのは幸せなことです。

両親との大ゲンカ

「当時、私が実家住まいでカレが一人暮らし。そんなときに、私が両親と大ゲンカして家を飛び出し、しばらくカレの家に身を寄せていた。そのうち一緒にいることが自然になって、カレの方から『ちゃんと部屋を探して一緒に住む?』と言われた。実家がきゅうくつに感じていた私は大賛成。その日からすぐに物件探しをして、すぐに二人用の間取りに引っ越した」(32歳女性・看護師)

▽ 実家で暮らしている人の場合は、家族との距離感もきっかけとなるようです。ただし、両親とはしっかり仲直りしてから同棲の話をした方がよさそうです。

まとめ

いかがでしたか。今回は、同棲中の女性に同棲を始めたきっかけについて聞いてみました。いろんなパターンがありましたが、何かきっかけがあると同棲を始めやすいですよね。もしカレとの同棲を希望しているのであれば、今回のエピソードを参考にしてみてはいかがでしょうか。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/30 21:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます