実は遊ばれている...?男性があなたを「キープしている」サイン4つ

拡大画像を見る

 好意を持っている男性と一緒にいるときに、なんとなく温度差を感じたりすると不安な気持ちになったりすることってありますよね。 いい雰囲気のときもあれば、どことなくそっけないときなどがあると、いろいろと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。 今回はそんな男性が「キープしている」サインを4つご紹介いたします。 当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてくださいね。 


LINEが続かない

 連絡手段としてLINEのやり取りをしている人が多いかと思いますが、男性となかなかLINEが続かないといった場合には、軽く見られてしまっている可能性が考えられます。 デートに誘ったとしてもスタンプで返信されてそのままだったり、何か質問をしても一言で済まされてしまったりすると、寂しい気持ちになってしまいますよね。 このように、キープしている男性は返信自体すぐにするけれど、話を盛り上げていこうとかやり取りを続けていくことをしない場合があります。 本命であればきちんと向き合ってくれているような返信が届くはずですので、LINEが続かなければ要注意です。 


自分のことを話したがらない

 他の話題では盛り上がるけれど、自分のことになるとあまり話したがらなかったり、すぐに話題を変えてしまうということはないでしょうか。 キープしている男性は自分のことを話そうとはしません。 他に女性がいることがバレてしまったり、プライベートを話して後で面倒になってしまうことを避けるためにあえて話をしないようにしているのです。 本命であれば、自分のことをもっと知ってほしいという気持ちになりますので、積極的に話をするはずです。 


デートの計画を立ててくれない

 好きな人とのデートは楽しみでもあるので、一緒にどこに行くかなど決めたりしますよね。 けれど、キープの男性はデートの誘いに応じても計画を立ててくれない場合があります。 どこに行きたいかなどがないため、「彼女が満足するならばどこでもいい」と思っているのです。 このように、親身になってくれない場合には、キープされている可能性が考えられます。 


都合のいい時だけ連絡してくる

こちらから連絡をしても、都合が悪いと仕事を理由に断ったりいわゆる「忙しい」アピールをしてくる場合があります。 しかし、男性が暇でいる場合には「今から会おうよ」と急な誘いの連絡がきたりします。 こうして都合のいい時だけ連絡をしてくる場合には、キープの可能性が高いでしょう。 本命であれば、何とか時間を作ってでも連絡しようという気持ちになりますよね。 


まとめ

 本命と違って、キープの場合は自分の都合で連絡をしてきたりそのときの気分次第で態度が変わったりします。 しっかりと見極めて、振り回されることがないようにしたいですよね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/31 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます