「アナ雪」チケット 劇団四季歴代最高!23万9千枚突破

拡大画像を見る

 劇団四季は30日、ディズニー最新ミュージカル「アナと雪の女王」(6月24日開幕。東京・NOMURA野村證券ミュージカルシアターJR東日本四季劇場[春])の一般発売を開始し、初日段階の記録としては同劇団史上最高の総販売数23万9000枚を越えたと同日、発表した。

 「アナ雪」人気は健在だった。

 同ミュージカルは日本でも社会現象となったディズニーの大ヒットアニメ映画「アナと雪の女王」(2013年。日本公開14年)を基に、10曲以上の新曲を加えて創作された作品。18年3月に米ニューヨークのブロードウェイで初演された。

 この日、販売開始されたのは6月24日から12月31日までの計178公演、25万7000席分。早くも残席僅少となったことを受け、四季では来年6月30日まで6カ月分の延長公演を決定した。

 29日には横浜市内の四季芸術センターで、メディア向けに稽古を公開。演出アソシエートのエイドリアン・サープル氏は「今回、日本での『アナと雪の女王』初演に関わることができて光栄に思っています。アニメーション映画からそれぞれの登場人物の関係をさらに深く掘り下げたことに加え、高橋知伽江さんの翻訳によって日本人の心により響く作品に仕上がっているはずです。日本のお客さまがとても楽しみにしていると聞き、それが今のモチベーションになっているので、皆さまにベストをお届けできるように力を尽くしたいと思います」とコメントしている。

関連リンク

  • 5/31 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます