【日本ダービー結果】シャフリヤールが激戦を制して戴冠! 福永祐一騎手は史上3人目のダービー連覇!

拡大画像を見る

 30日、東京競馬場で行われた日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の4番人気シャフリヤール(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で狭いところをこじ開けて進路を確保。先に抜け出していた1番人気エフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)に内から並びかけて競り合い、これをハナ差下して優勝した。勝ちタイムは2分22秒5(良)。

 2着エフフォーリアから1.1/4馬身差の3着も3頭の接戦となったが、9番人気ステラヴェローチェ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)に軍配が上がった。4着は3番人気グレートマジシャン(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)、5着は2番人気サトノレイナス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)。

 勝ったシャフリヤールは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、その父Essence of Dubaiという血統。前走の毎日杯を勝ったあとは皐月賞に向かわずダービーに狙いを定め、ここまで無敗のエフフォーリアを見事に破って2018年生まれのサラブレッド7398頭の頂点に立った。鞍上の福永祐一騎手は昨年のコントレイルに続くダービー連覇(史上3人目)となった。

【福永祐一騎手のコメント】
 正直良い騎乗ができたとは思えない中、馬が非常に頑張ってくれて勝利を勝ち取ってくれたと思います。馬の力が素晴らしかったです。

 (道中は)いいスタートを切れましたし、1コーナーに入るまで取りたいポジションを取れましたので、これならと思いましたが、そこからペースがすごく遅くなって動きのある競馬になり、インコースに押し込められる形になって動くに動けない厳しい状況になりました。それでかえって脚をためるしかなくなりましたので、極限まで脚をためることに専念しました。

 (直線は)一度外に行ったもののスペースがなく内に戻るというような、馬には負担がかかる進路どりになりましたが、残り300mあたりで進路を確保してからの伸びは素晴らしかったです。前が抜けていたので捕まえるのは困難かもと思いましたが、素晴らしい瞬発力を見せてくれました。

<日本ダービーダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 5/30 15:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます