広瀬すず×櫻井翔 W主演『ネメシス』、ネタバレ注意!? “細かすぎる新相関図”解禁!

拡大画像を見る

広瀬すずと櫻井翔がW主演を務める日本テレビ系ドラマ『ネメシス』が、“細かすぎる新相関図”を公開した。

先日放送された第8話では、美神アンナ(広瀬)が、失踪している父・美神始(仲村トオル)の手によって自身が世界初のゲノム編集ベビーとして誕生したという、あまりにも衝撃的な事実を知ってしまう。

また、栗田一秋(江口洋介)と風真尚希(櫻井)がその事実をずっと隠していたということに対して不信感を抱き、神に背いてこの世に生を受けてしまった自分のせいで、2人の母親(卵子を提供した神田水帆(真木よう子)、代理出産した美馬芽衣子(山崎紘菜))を死に追いやったのだと苦しむ。さらに、追い打ちをかけるように、アンナは黒幕に騙されて拉致されてしまうのだった。

今回解禁された相関図は、伏線回収からクライマックスへ向けてさらなる仕掛けが待つ第9話を迎える前に、アンナの出生の秘密や、探偵事務所ネメシスが追い続けていた謎に繋がる人々、追った事件の人間関係をもう1度おさらいするためのものとなる。アンナの出生の秘密に関わる人物と、ネメシスを取り巻く“チームネメシス”の最強の助っ人ら、88人の人物が登場する。

『ネメシス』

放送:2021年4月期 日曜ドラマ(毎週日曜22:30〜23:25)
出演者:広瀬すず/櫻井翔/勝地涼/中村蒼/富田望生/三島あよな/山崎紘菜/橋本環奈/大島優子/上田竜也/奥平大兼/加藤諒/南野陽子/真木よう子/石黒賢/仲村トオル/江口洋介
※そのほかのキャストは順次発表。

総監督:入江悠(『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』、『SRサイタマノラッパー』シリーズ)1、2、3、6、8、9、10話担当
監督:片桐健滋(『きのう何食べた?』、『ルームロンダリング』)4,5話担当/岸塚祐季 7話担当
監督:片岡翔(『きいろいゾウ』、『夏美のホタル』)/入江悠
脚本協力:講談社タイガ
今村昌弘(『屍人荘の殺人』)1、3話/藤石波矢(『今からあなたを脅迫します』)2、6話/周木律(『眼球堂の殺人』)4話/降田天(『女王はかえらない』)5話/青崎有吾(『体育館の殺人』)7話
企画・プロデューサー:北島直明(『22年目の告白』、『新解釈・三國志』、『キングダム』、『ちはやふる』シリーズ)
プロデューサー:里吉優也/次屋尚/田端綾子
制作会社:クレデウス(『キングダム』、『銀魂』シリーズ『新解釈・三國志』、『今日から俺は‼︎』)
製作著作:日本テレビ

■ストーリー
横浜にある薄汚れたビルの一室に掲げられた看板“探偵事務所ネメシス”。ここには、シャーロックホームズのような天才的な頭脳で、いかなる難事件でも必ず解決してしまうスゴ腕の探偵がいる。彼の名前は、風真尚希(櫻井翔)。しかし、彼には秘密があった。正義感は強く人望に厚いが、実はポンコツなのである。“探偵事務所ネメシス”の真の探偵は、風真の探偵助手・美神アンナ(広瀬すず)。彼女は類まれな天才的ヒラメキで、風真の影から次々と難事件を解決していく。そんな彼女たちの真の目的は、突如失踪したアンナの父で科学者の美神始を探し出すこと。始の親友で探偵事務所社長の栗田一秋(江口洋介)とともに、父親失踪の謎を追うアンナと風真。日々、舞い込む依頼の中に“失踪の謎”の手掛かりを求めていくうち、彼女たちを助けてくれる力強い仲間が増えていく。一癖も二癖もある仲間たちの力を借り、真相に近づいていくアンナたち。やがて、“失踪の謎”は、20年前に闇に葬られた“事件”に関係していることが判明する。アンナも知らない、その“事件”には、実は風真も栗田も関わっていたのだった……。父親失踪の謎に、どんな真実が隠されているのか? アンナたちが最後に辿り着く驚愕の真相とは⁉

関連リンク

『ネメシス』公式サイト『ネメシス』公式Instagram『ネメシス』公式Twitter日テレドラマ公式YouTubeチャンネル

関連リンク

  • 5/30 23:25
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます