江藤彩也香、極上スレンダーボディ&ムッチリ美尻が映える競泳水着姿で悩殺

拡大画像を見る

元HKT48の1期生で、現在はグラビアアイドルとして本格的に活動し、スレンダーボディながらムッチリしたお尻の美しいラインと、キリリとした美人顔で多くのファンを魅了している江藤彩也香が30日、都内でDVD『好きになっちゃだめ』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


江藤にとって5作目のイメージ作品となる今作は、3月に都内で撮影したそうで、内容について聞かれると「ちょっと複雑な内容なんですけど、親の再婚によってできた血の繋がらないお兄ちゃんに私が恋をしちゃって、そこから(ストーリーが)展開していきます」と説明し、「(江藤が)女子高生の設定で、最初に制服から始まって『はじめまして』をして、そこからお兄ちゃんと一緒に遊んでいくストーリーになっています」と紹介。


見どころについては「レオタードのシーンでバランスボール乗ったり、ストレッチをするんですけど、バランスボールに乗るのが得意で、(バランスボールの上で)あぐらをかいたり、正座をしたりしました。もともと運動神経が良くて、特に練習しなくてもできちゃいました(笑)。(軟体も)そこで披露しています」とアピールし、セクシーなシーンを尋ねられると「最後の夜ベッドのシーンで、赤いレースの変型ランジェリーを着ているんですけど、そこでお兄ちゃんにひたすら甘えるシーンが見どころだと思います。(撮影中はランジェリーから)出ちゃいそうで不安だなって感じだったんですけど、すごくきれいに着られたかなと思います」と胸を張った。


また、これまで5作のイメージ作品を撮影して着た江藤だが、撮影はまだ慣れないそうで「全然慣れないけど、少しでも慣れるように努力はしていて、ポーズや動き方はいろんな人のDVDを見たりして勉強しましたね」と明かし、今作の仕上がりについては「100点満点で、満点にいくかな?いかないかな?って感じです(笑)」と自己評価した。


この日は、スレンダーボディとムッチリヒップが映える競泳水着姿で登場した江藤だが、衣装のポイントを聞かれると「この作品が高校生の役ということで、学生っぽいのがいいなと思って競泳水着にしました。(体の)ラインがきれいにハッキリ見えるところがポイントかなと思って、この競泳水着にしました。(今作では競泳水着着用のシーンは)ないんです」と答えた。


さらに、今後もグラビア活動を「頑張っていきたい」という江藤は、抱負を尋ねられると「今、ヨガをよくやっていて、インストラクターの資格も取ろうと思っているんですけど、もっと体の柔らかさだったり、ポーズだったりをきれいに取れるように頑張りたいと思っています」と意欲を見せ、近況について聞かれると「普段の休みの日はひたすら家で寝るか、犬を飼っているんですけど、犬の散歩ですかね。(趣味の)野球観戦には行けてないですね」とコメント。愛犬のYouTubeも始めたそうで「『ビビちゃんねる』って言います(笑)。よろしくお願いします」とPRした。

関連リンク

  • 5/30 22:16
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます