LUNA SEA コロナ延期の結成30周年ツアー32年目に再スタート

拡大画像を見る

 ロックバンドのLUNA SEAが30日、東京ガーデンシアターで、全国12都市25公演を回るバンド結成30周年記念ホールツアーを再スタートさせた。コロナ禍で当初予定していた昨年2~5月から延期となっていた。

 29日に結成32年目を迎えた邦ロック界のレジェンドは「東京!会いたかったぜ!」と愛を叫び、ステージに登場。1年越しのツアー再開とあって、観客4000人のボルテージは初っぱなから最高潮に。発声できない代わりにハンズアップで会場の一体感を示した。

 ボーカルのRYUICHI(51)は「やらなきゃいけないことがあるけど、ボクらやみんなには音楽が必要だと思う。みんながこの会場に思いを届けていると思うので、盛り上がっていこうぜ」と客席をあおり、代表曲「ROSIER」「I for You」など全18曲を届けた。

 東京公演は、28~30日の3日間合計で1万2000人を動員。この日の公演は配信も行われ、RYUICHIは「旅立ちの日を個々に迎えられたことをうれしく思います。これからも付いてきてください」とメッセージしていた。ツアーは、12月の神戸でのファイナルまで駆け抜ける。

関連リンク

  • 5/30 20:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます