浦和、ホームの連勝が「5」でストップ…名古屋はユンカー封じるもチャンス生かせず

拡大画像を見る

 30日、明治安田生命J1リーグ第17節で浦和レッズと名古屋グランパスが対戦した。

 8位浦和が、2位名古屋をホームに迎えた一戦。前節サンフレッチェ広島と引き分け連勝がストップした浦和だが、現在ホームでのリーグ戦は5連勝中。一方の名古屋は直近の2試合で1分1敗と、勝利が遠のいている。今節は3試合ぶりの勝利を目指す一戦となった。

 序盤は浦和がボールを保持する展開。リーグ戦初出場から4試合連続ゴール中のFWキャスパー・ユンカーを中心とした攻撃を狙うが、対する名古屋も要所を抑えてチャンスを作らせない。

 徐々に名古屋が押し返す展開となると15分、左からのクロスをペナルティエリア内でFW山崎凌吾がフリックすると、ボールはFW柿谷曜一朗のもとへ。柿谷は相手DFとゴールを背にしながらも巧みなボールコントロールを見せ、ゴール右上を狙うシュートを放った。しかしボールは枠の上へと外れる。名古屋はその3分後、今度は山崎に決定機が訪れるが、対峙した浦和GK鈴木彩艶が好セーブを見せ得点を許さない。

 浦和の反撃は20分、ユンカーが前線サイドへ動き出し後方からパスを受けると、敵人中央の右サイドから中央へドリブル。浦和の選手たちが動き出すなか、ペナルティエリア手前から左足でミドルシュートを放った。しかしボールは枠を捉えられず。試合はスコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半も両者なかなかチャンスを活かすことができない。浦和は67分に相手のパスカットを拾ったMF関根貴大がドリブルからミドルシュートを放つも、ボールは枠を捉えられず。名古屋も80分、柿谷からの縦パスを敵陣ペナルティエリア左で受けたMF齋藤学が、ワントラップからノーステップで右足のシュート。鈴木のタイミングを外したシュートは右のポストを叩き、惜しくもゴールとはならない。スコアが動かない時間が長く続く。

 浦和のリカルド・ロドリゲス監督は、87分にユンカーに代え興梠慎三を投入。これでユンカーのJリーグデビューからの連続得点が4試合でストップした。

 そして試合も結局0-0で試合終了。浦和のホームでの連勝は「5」でストップし、一方の名古屋も直近の3試合で未勝利となっている。

【スコア】
浦和レッズ 0-0 名古屋グランパス

関連リンク

  • 5/30 19:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます