妊娠公表のだいたひかる「心細くて妊娠検査薬を」ついつい

拡大画像を見る

 妊娠を公表したタレントのだいたひかる(46)が、29日付で「心細くて妊娠検査薬を…」のタイトルでブログ投稿した。

 「病院に行った日から、日にちが経てば経つほど…不安が大きくなってきて」と心境をつづり、「噂で聞く、つわり的な気持ち悪さが全く無くて…私は本当に妊娠しているのか!?と思っちゃったりして…」と状況を伝えた。

 「まだあった4年前の妊娠検査薬をして、線を見て落ち着くという」「何本検査してんだよ!!って感じですがついつい…」と、落ち着かないことを記した。

 だいたは13年5月にアートディレクターと結婚。不妊治療中の16年1月に乳がんと診断され、右胸を全摘出。その後、右胸にがんが局所再発し、19年3月に腫瘍摘出手術を受けた。その後は定期的に放射線治療を受けてきたが昨年10月にストップ。不妊治療を再開させていた。

 14日に40歳の時に凍結した受精卵を移植。21日に「判定の結果です」と題したブログ投稿で「おかげさまで妊娠していました。今、3週と5日だそうで、普通妊娠なら気づかないレベルの初期ですが…受精卵がしがみついて着床してくれました!」と伝えていた。

関連リンク

  • 5/30 19:04
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます