「承る」=「しょうる」…?社会人なら知っておきたい《難読漢字》4選

普段使っている漢字はすぐに読めても、使う機会が少ない漢字は読み方がわからず困ってしまいますよね。今回はそんな漢字の中から、社会人なら知っておきたい漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「承る」


まずご紹介していくのは「承る」という漢字です。この漢字、なんと読むか分かりますか?これは「しょうる」ではありませんよ!この「承る」という漢字は「うけたまわる」と読みます。「承る」とは、「謹んで聞く」「拝聴する」などの意味があります。言葉は聞いたことがあっても、漢字は読めない人が多いので覚えておいてくださいね!

(2)「患う」


「患う」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「かんう」ではありませんよ!それでは正解を確認していきます。この「患う」という漢字は「わずらう」と読みますよ。「患う」とは「病気にかかる」という意味で使われます。これも、言葉は知っている!という人が多いのではないでしょうか。

(3)「滞る」


「滞る」という漢字はなんと読むと思いますか?この漢字は「たいる」ではありません。これは読めないとまずいかも!それでは正解を確認していきましょう。この「滞る」という漢字は「とどこおる」と読むんですよ!「滞る」とは、「ものごとが順調に進まず、つかえたり溜まったりすること」を意味しています。こちらも会話などでは使っているけど、漢字は見たことがなかった!という人もいますよね。使う機会が多い言葉なのでぜひ覚えてみて。

(4)「昂る」


「昂る」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「たかぶる」と読みます。「昂る」とは「精神や感覚が高まる」という意味ですよ。こちらも意味や言葉は知っている人が多いですよね。漢字になると難しくて読めなくなりがちなので、これを機にしっかりと覚えてみてくださいね。

どの漢字も社会人は覚えておいて…!


今回紹介した漢字は、どれも社会人なら読めるようにしておかないとまずいものばかりですよ…!読むことができなかった人は、これを機に正しい読み方を覚えてみてくださいね…!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/30 18:00
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます