元レアルFW 監督コンテの将来を予想「唯一の選択肢はレアル・マドリー」

拡大画像を見る

元レアル・マドリーのFWであるアントニオ・カッサーノは、インテルを退団したアントニオ・コンテがエル・ブランコに移籍する可能性があると考えており、一方でジネディーヌ・ジダンはパリ・サンジェルマン(PSG)にとって理想的な選択かもしれないとしている。

この夏、欧州のトップクラブでは、退任が既に発表されたり、噂されたりと、監督の動きが活発になる可能性がある。

コンテは、10年以上ぶりにスクデットを獲得したインテルを退任。これまでそのスタイルに批判的だったカッサーノは、今夏の移籍先はレアル・マドリーしか考えられないと『BoboTV』に語っている。

「私の考えでは、(コンテの)唯一の選択肢はレアル・マドリーだ。彼のインテル時代は、1年目は順調で、2年目には自分のやり方でスクデットを獲得するなど、ポジティブなものだった。PSGには彼のプレーに適した選手がいないし、彼のサッカーに対するメンタリティを共有できないので、彼がPSGに行くことはできないと思う」

マウリシオ・ポチェッティーノはPSGで指揮を執っているが、トッテナム・ホットスパーへの復帰の可能性を含め、彼の将来について様々な憶測が飛び交っている。

関連リンク

  • 5/30 16:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます