チキンの塊が喉に詰まった男性 “ハイムリック法”でウェイターが救う(英)

拡大画像を見る

英ウェールズ北西部のバンガーにあるインド・バングラデシュ料理レストラン「Bangor Tandoori Restaurant」で今月23日、山登りを終えて友人たちと食事をしていたジェイク・スネリングさん(Jake Snelling)が食べていたチキンの塊を喉に詰まらせてしまい突然、苦しみ始めた。

当時の様子を捉えた店内の監視カメラには、ジェイクさんを心配するように隣の男性が声をかけている様子が映っている。男性はジェイクさんの背中をさすっていたが状態が酷かったのか、立ち上がって背中を叩くような仕草を始めた。

奥のテーブルで客と話していた大学生のウェイター、シーク・リファトさん(Sheakh Rifat、24)はこの騒動に気付き、ジェイクさんに駆け寄った。

「他のテーブルで注文を確認し終えてレジに戻ろうとした時、ジェイクさんに何か起きていると気付きました。彼は顔を真っ赤にして涙を流し、息ができず苦しんでいるようでした。対応を考える時間も無いと思えるほどでしたね。」

ジェイクさんの様子が深刻だったことを振り返るシークさんは、テーブルに座るジェイクさんを立たせて広い場所へ連れ出した。そして “ハイムリック法”を用いて、ジェイクさんの喉に詰まったものを取り出そうと試みたのだ。

ハイムリック法は気道の異物除去方法の1つで、「腹部突き上げ法」とも呼ばれている。相手の背後から腕を回し、片手の握り拳をヘソの上の部分に当ててそれを反対の手で掴み、素早く上方に向かって圧迫するように引き上げる。

シークさんがジェイクさんにハイムリック法を試みて様子を確認するが、ジェイクさんは声を発することができないようで、首を横に振ってまだ食べ物が詰まっている意思表示をしている。

その後、数回にわたってジェイクさんのお腹を圧迫すると、ジェイクさんが大きくせき込む姿が映り、ようやく喉に詰まっていたチキンの塊が取れた。

シークさんのこのたびの対応には周囲の客も絶賛し、大きな拍手が起こった。当のジェイクさんは相当苦しんでいたようで、膝に手をついてホッとしたかのように大きく深呼吸していた。

なおシークさんが迷いなくこのような行動を取れたのは、過去に同じ方法で喉に物を詰まらせた父親を救った経験があったからだという。

「ジェイクさんを助けることができた瞬間は、これまでの人生の中でも素晴らしい瞬間でした。ジェイクさんは帰る時にもハグをしてお礼をしてくれて、とても良い人でしたよ。一緒に写真を撮って、たくさんチップもくれましたし、トリップアドバイザーに良いレビューも書いてくれました。」

そのように明かすバングラデシュ出身のシークさんは「私はイスラム教徒で、誰かを助ける時は無私無欲で行うという教えがあるので、最初はチップの受け取りを断ったのです」とも話しているが、最終的にはジェイクさんの押しに負けて受け取ったようだ。

一方でジェイクさんは、当時のことについて「シークさんがいてくれて、本当にラッキーだったよ。当時は全く息ができなかったんだ。詰まったチキンが取れた後に残ったカレーを食べていたんだけど、友人に『ミキサーで細かくしてもらった方がいいんじゃない?』とジョークを言われてしまいましたね」と笑いながら明かしている。

画像は『BBC 2021年5月27日付「Bangor Tandoori: Waiter applauded for saving choking customer」(JAKE SNELLING)』『Mirror 2021年5月27日付「Incredible moment waiter at restaurant filmed saving customer choking on chicken」(Image: Mustakim Raza / SWNS.COM)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/30 17:10
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ジャーマンスープレックスを掛ける前みたいな体勢で腹部圧迫するヤツだったかな?誤飲救命術とかの情報をアップデートしたくてもコロナで救命講習会の回数が少なくなって悔しいワ。

記事の無断転載を禁じます