千鳥ノブ さんまが怖い テンション低く「僕は邪魔、もうダメです」

拡大画像を見る

 千鳥・ノブが28日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」で、明石家さんまが「怖い」と告白した。

 過去の未公開シーンが放送され、矢部浩之がとがっていた昔のダウンタウン、特に浜田雅功が怖かったと話した後に、「あとトークやと我々世代はさんまさんですよね。あの方の『例えば?』『ほいで?』で、ピシッとなる」と、笑わせるトークを求められた時の緊張を語った。

 ノブは「ないです、は言えない」と応じ、「僕は一番緊張するのはさんまさんです。僕は怖いです」と明かし、自身の場合は「『ほいで?』って言われた時がないから」と語った。

 ノブは、さんまについて「テンポでやられるじゃないですか」と説明し「さんまさんのテンポに僕は邪魔になるので、もう…もうダメです」とテンション低め。

 笑いが起こる中、矢部は「珍しい、このノブ」とツッコミ。ノブは「いやいや、ほんとなんです。僕はカチッとなっちゃうんです。僕はすごい緊張する」と話すと、矢部が「ツッコミやからじゃない?俺も気持ちは分かるよ」と話していた。

関連リンク

  • 5/30 16:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます