鳥栖が開始1分MF仙頭のゴールで先制も、神戸が追いつきドロー…両者チャンス実らず

拡大画像を見る

 30日、明治安田生命J1リーグ第17節でヴィッセル神戸とサガン鳥栖が対戦した。

 3位鳥栖が7位神戸のホームへ乗り込んだ一戦。直近のリーグ戦7試合で負けのない鳥栖は、その7試合で4失点と安定した守備が光る。今節もスタメン入りしたMFアニドレス・イニエスタ率いる神戸の攻撃陣を相手に、どのように対峙するのかが注目された。一方の神戸は、前節からの連勝を目指す一戦となる。

 先制したのは鳥栖だった。1分、敵陣で素早いパスワークを展開すると、神戸のペナルティエリア内でボールを持ったMF中野嘉大が左方向へラストパス。これに反応したMF仙頭啓矢が、左足でボールをゴールへ突き刺した。開始43秒で鳥栖がリードを奪う。

 出鼻を挫かれた神戸だが、28分に反撃。相手ディフェンスライン裏へ抜け出したFW古橋亨梧を対峙したGKパク・イルギュが防ぐも、そのこぼれ球をFWドウグラスがペナルティエリア外からゴールへ流し込んだ。試合は1-1でハーフタイムを迎える。

 迎えた後半、59分にイニエスタのクロスから古橋がヘディングシュートでゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定で得点は認められない。

 鳥栖は77分に敵人右サイドからのクロスから、途中出場のMF小屋松知哉がヘディングシュート。しかしボールはクロスバーを叩き、得点には至らない。

 その後、試合終盤にかけてホームの神戸が攻勢を強めるも、DF菊池流帆やMF山口蛍に訪れたチャンスを活かすことができず。

 結局試合は1-1で終了。両チーム勝ち点1を分け合う結果となった。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1-1 サガン鳥栖

【得点者】
0-1 1分 仙頭啓矢(サガン鳥栖)
1-1 28分 ドウグラス(ヴィッセル神戸)

関連リンク

  • 5/30 15:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます