西島秀俊「料理の途中に演技をしている感じ」 人並み外れた洞察力持つ主演のシェフ役

拡大画像を見る

 俳優・西島秀俊(50)主演のテレビ東京系ドラマ「シェフは名探偵」(31日スタート。月曜、後11・06)のオンライン記者発表会が、このほど行われ、濱田岳(32)、神尾佑(51)、石井杏奈(22)とともに出席した。

 人気小説シリーズ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」が原作のグルメミステリー。小さなフレンチレストランを舞台に、人並み外れた洞察力を持つシェフ(西島)が不可解な事件の謎を解いていく。

 99・9%ワンシチュエーションドラマということで「毎日、同じところに行っての撮影で、スタッフの中には定期券を買った人もいたくらい」と西島。「撮影をしているのかレストランに就職したのか、分からなくなってきた。撮影の合間に次の料理の仕込みをしたり、料理の途中に演技をしている感じでした」と苦笑いで振り返った。

 撮影中には美味なグルメを味わう“役得”も。ソムリエ役の石井は「羊肉のカレーが、お肉が柔らかくて、すごくおいしかった」と話していた。

関連リンク

  • 5/30 14:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます