トム・ヒドルストンだからこそ生まれた、“愛されヴィラン”ロキの魅力「極めて多才」

拡大画像を見る

エンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオの2019年の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。その世界から逃げ出した “裏切り王子”の異名を持つヴィランの物語『ロキ』が、6月9日(水)より配信開始。

ヴィランでありながら世界中のファンから愛される、そんな掴みどころのないロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンについて、ソー役のクリス・ヘムズワースをはじめ、ケネス・ブラナー、ジェフ・ゴールドブラムら過去のMCUでタッグを組んできたハリウッドの名優が口をそろえて、その見事な演技を絶賛。ロキの複雑な魅力を大胆かつ繊細に表現できるトムでなければ、“愛されヴィラン”は生まれなかったとさえ語った。


マイティ・ソーの義弟で、数々の悪行の一方で軽率な失敗を繰り返したり、時に兄弟の絆や家族愛を思わせたりと、ひと言で表すのが困難なほどに多くの魅力に溢れ、完璧でない姿が愛らしく“憎めないヴィラン”として世界中から愛されるロキ。

そんなロキに扮するトムを最も近くで見てきたといえるクリス・ヘムズワースは、「トムはロキという役に多くのものをもたらし、その結果、人々はロキを愛するようになった。僕らはいつも、ロキがどちらの側につくのか気になってしまうし、我々が知っているロキなのか、それとも以前に知っていたロキなのか、わからなくなったりもする。トムはロキに共感をさせつつも、観客を混乱させるんだ」と、繊細な演技による説得力で、悪役なのに共感さえさせるトムを称賛。


さらに、『マイティ・ソー』で監督を務め、“シェイクスピア俳優” として名を馳せるケネス・ブラナーは、「極めて多才であることに加え、ロキが見せる多種多様なキャラクター性を演じることをまったく恐れない役者を求めていて、トムはそれを叶えてくれた」と、難役のロキを大胆に演じる姿勢を絶賛。

そして、『ジュラシック・パーク』シリーズや『インデペンデンス・デイ』で知られ、トムとは『マイティ・ソー バトルロイヤル』で共演したハリウッドのレジェンド俳優ジェフ・ゴールドブラムも、「私はトムのことをものすごく尊敬しているんだ。彼はロキというキャラクターを、正確かつ簡潔に表現するね」と語り、その表現力にはベテランさえ敬意を抱くほど。


トム・ヒドルストン「アンチヒーローとして演じる」


幼少期は家族に愛されて育ったロキだが、実は父オーディンと、兄ソーとの血の繋がりがなかったことを知ってからは兄への嫉妬心が爆発。神の国アスガルドの王座を自分のものにしようと、関わる者全てに嘘と裏切りを駆使し、幾度となく悪事を計画するが、ロキなりの正義や思いも描かれる。


トムはロキについて、「これほどまでに複雑なキャラクターを演じたのは初めてだったよ。ロキを単なる悪役として演じるのではなくて、アンチヒーローとして演じるように心掛けた」と語っており、様々な面をバランスよく演じる大胆な演技力、そしてその多面性に説得力を持たせる繊細な演技力、両方を持つトムだからこそ、複雑なロキを“愛されヴィラン”にまで成長させることができたのだ。

本作では『エンドゲーム』で逃げ去った後のロキが、時間を超えて世界を振り回す新たな冒険が描かれる。ストーリーは未だ明らかになっていないが、予告編ではロキが“時間の流れを守っている”という謎の組織TVA に捕まり“自分が改変してしまった現実を元に直す”という任務を命じられ、時空を超えた壮大な戦いに巻き込まれていくことが判明している。 “裏切り王子ロキ”は、世界の“時間”をまたにかけた冒険で今度はどんな“悪戯”を見せるのか、ロキの物語から目が離せない。


「ロキ」は6月9日(水)16時にディズニープラスにて日米同時配信。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 5/30 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます