西島秀俊、主演ドラマ『シェフは名探偵』でキャストは「誰も名探偵にむいていない」 濱田岳説にも異論

拡大画像を見る

同作は累計発行部数36万部超の人気小説シリーズ『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』『マカロンはマカロン』(いずれも近藤史恵著)を原作にしたグルメミステリードラマ。西島秀俊は、下町の片隅にある小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ・三舟忍を演じるが、冷静沈着だがお節介焼きの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で訪れた客たちが巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解いていく。

会見に衣装となるユニフォーム姿で登場したメインキャストの4人。物語の舞台となるフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」でのワンシチュエーションの撮影について西島は「毎日朝、同じところに行って同じ撮影で、撮影しているのかレストランに就職したのか分からなくなる」と明かす。そして「撮影中に神尾(佑)さんが仕込みをするようになったり、料理の途中で演技をするようなったり、不思議でしたね」とドラマなのか現実なのか混乱する側面にさらに拍車をかけたもよう。ギャルソン・高築智行役の濱田岳も「僕も就職したかのような気分」だとして「謎のリアリティがすごくありました」と同意した。西島によると、あまりに同じ場所での撮影が続くため、スタッフのなかには定期券を買った人もいるそうだ。

そんな同作で印象に残っている料理について、西島はロニョン・ド・ヴォー(仔牛の腎臓)を挙げて「初めて食べて癖が強いとあったけど美味しかった」とその理由を語った。他にもスイーツ好きな西島はガレット・デ・ロワとタルト・タタンも特に印象的だったという。普段甘い物を食べないという濱田は「マカロンは初めて美味しいと思いました。あれはすごく感激しました」と劇中のマカロンに衝撃を受けたそうで、スーシェフ・志村洋二役の神尾佑は「何回も何回も食べたんで」と西島と同じくガレット・デ・ロワをチョイスした。

昨年末に解散したE-girlsのパフォーマーだった石井杏奈は、ソムリエの金子ゆきを演じる。これまでにも映画やドラマなどで女優としても活動してきたが、最近では中川大志と石井がW主演の映画『砕け散るところを見せてあげる』が4月9日に公開された。今回は1か月半にわたる撮影で「お三方の面白さにたくさん笑わせていただいた」と振り返った石井は「羊肉のカレー。あのお肉がすごく柔らかくてすごく美味しかった。豚とか牛ではなく羊やガチョウが出てくるけど、そのお肉が臭みもなく印象に残っています」と肉料理が気に入ったという。

さて、そんなキャストたちに「名探偵にむいてそうなのは誰か?」と質問が出されると、西島秀俊は「誰もむいていないんじゃないですかね」と返して一同爆笑。濱田岳も「そんな神経質な人はいない」と応じたが、なぜか自身の名前が挙がる事態に。これに西島が「本当ですか?」と驚くと、濱田は「そんなにイヤですか? そんなに(僕が名探偵にむいていると)認められませんか?」と反論、西島は「鈍感力がすごそうだからなあ」と濱田の印象を口にする。とうとう濱田も「僕はむいていないと思う。事なかれ主義なんで」と自ら名探偵向きでないと認め、最終的には「ビストロ・パ・マル」のオーナー・小倉大輔役の佐藤寛太(劇団EXILE)が無邪気な好奇心を持っているため一番むいているのではないかという結論に至った。

会見の最後に西島秀俊は「近藤先生の原作がやはりとても素晴らしいストーリーで、料理を通して人の悩みを感じ取って解決する。なかなか発想できない」と絶賛して、「今は外に出て食べに行ったりできない時期なので、皆さん『ビストロ・パ・マル』に来てもらうようなつもりで見ていただいて」と勧めて、「温かくなる素敵なドラマなのでぜひ見てください」とにこやかに呼びかけた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連リンク

  • 5/30 12:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます