ジダンとの別れがレアルローン移籍選手の状況を変える

拡大画像を見る

ジネディーヌ・ジダンがマドリードを去ったことで、レアル・マドリーの一部のレンタル選手の状況が変わる可能性がある。ジダンが拒否権を持っていた選手もいたため、監督交代で新たなシナリオが開かれる。

ヨヴィッチ、ベイル、セバージョス、レギロン、バジェホ、アクラフといった選手は、目先の未来を変えることができる。新監督は復帰させたい選手を決断しなければならない。

それぞれの状況は以下の通りである。

■ルカ・ヨヴィッチ
もしマドリーがハーランドのようなターゲットにしたストライカーを獲得できなければ、復帰する可能性もある。

■ガレス・ベイル
新しい窓が開かれる。ただし、彼を支えてくれるのは監督だけで、マドリディスタは彼を必要としていない。

■ダニ・セバージョス
ジダンの好みではなかったため、クラブはアーセナルへの2年間のレンタルを決めた。現在マドリーは経済的な緊急性から、彼を3,000万ユーロで売ろうとしている。

■セルヒオ・レギロン
3,500万ユーロでの買い戻しオプションが付随しているが、現実的な可能性ではない。

■ヘスス・バジェホ
セルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランの動向に大きく左右される。このままであればマドリー復帰が現実的な選択肢。

■アクラフ・ハキミ
財政難のインテルが彼を売る場合、ロス・ブランコスが第一優先権を持つため、復帰のオプションがある。イタリアのクラブは移籍金のごく一部しか支払っておらず、右サイドバックが必要なため、マドリーの投資額は少なくなるだろう。

これらのケースに加えて、ジダンがいてもいなくてもクラブの将来的なプランに含まれている4人の選手がいる。マルティン・ウーデゴール、ブラヒム・ディアス、久保建英、ヘイニエル・ジェズスの4人である。前者2人はローン先のアーセナルとミランで一定の活躍を披露し株を上げたが、後者2人はヘタフェ(ビジャレアル)とドルトムントで不本意なシーズンを送り、評価を落とした。

最後に、退団が近いのはイスコやマルセロなど今シーズン低調だった選手たちだ。

関連リンク

  • 5/29 17:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます