【地方競馬】岩手競馬の禁止薬物陽性馬発生に係る調教師への行政処分が決定

 2018年7月から2019年11月までの間に、水沢および盛岡競馬に出走した競走馬5頭から禁止薬物ボルデノンが検出された一連の禁止薬物陽性馬発生事案について、司法処分が決定したことから調教師4名に対し、5月29日付けで「戒告・賞典停止」の処分を行ったことを岩手競馬が発表した。詳細は以下のとおり。

【処分者および陽性馬】
三野宮通調教師
スターズレディ(1頭目)

高橋純調教師
ウバトーバン(2頭目)
ヒナクイックワン(3頭目)

晴山厚司調教師
ネイチャーサムソン(4頭目)

櫻田浩樹調教師
ノアクリスティン(5頭目)

【処分内容】
「戒告・賞典停止30日」
・三野宮通調教師
・晴山厚司調教師
・櫻田浩樹調教師
※2021年5月30日から2021年8月3日までの実効30日間

「戒告・賞典停止50日」
・高橋純調教師
※2021年5月30日から2021年9月20日までの実効50日間

【処分理由】
岩手県競馬組合主催の競走へ管理する当該馬を出走させたところ、理化学検査の結果、禁止薬物(ボルデノン)が検出されたため

(岩手県競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 5/30 5:59
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます