【本日の注目ポイント】競馬の祭典・日本ダービー 2年連続の無敗2冠馬誕生なるか

拡大画像を見る

 5/30(日)は東京・中京の2場開催。天気は東京が晴のち曇、中京が晴れの予定となっている。

■2年連続の無敗2冠馬誕生なるか
 東京11Rは、2018年生まれの競走馬の頂点を決める“競馬の祭典”日本ダービー(GI)。皐月賞を制したエフフォーリアが、昨年のコントレイルに続く無敗の2冠制覇に挑む。鞍上の横山武史騎手には、父・典弘騎手との親子制覇がかかる。ほかに07年のウオッカ以来14年ぶりとなる牝馬Vを目指すサトノレイナス、毎日杯をレコードで勝利したシャフリヤールなどが出走する。

■ダービーのあとは目黒記念
 東京12Rは芝2500mのハンデ重賞・目黒記念(GII)。前走でダイヤモンドSを制したグロンディオーズが重賞連勝を狙う。ほか、堅実さの光るヒートオンビート、前走の大阪-ハンブルクCを勝利し勢いに乗るミスマンマミーアなどがエントリーしている。

■東京10R・むらさき賞にエアファンディタなど
 東京10Rは芝1800mのむらさき賞(3勝)。前走のストークSで出遅れながらも、最速の上がりを駆使して5着と“負けて強し”の内容だったエアファンディタ、今年の金鯱賞を制したギベオンの全弟サトノフウジン、GI・4勝の名牝ダイワスカーレットの仔ダイワクンナナなどがスタンバイ。

■中京11R・白百合Sにマカオンドールなど
 中京11Rは芝2000mの白百合S(L)。前走の京都新聞杯で3着だったマカオンドールに人気が集まりそう。2走前のすみれSでディープモンスターの4着だったセファーラジエル、2走前のあすなろ賞で3着だったウィンドリッパー、3走前のゆきやなぎ賞でレッドジェネシスの3着があるレンツシュピッツェなどが参戦。

■中京10R・安土城Sにシヴァージなど
 中京10Rは芝1400mの安土城S(L)。今年のシルクロードSを制したシヴァージ、前走の鞍馬Sで新馬戦以来の勝利を挙げたクリノガウディー、2走前のダービー卿CTで3着のボンセルヴィーソ、08年の秋華賞馬ブラックエンブレムの3番仔アストラエンブレムなどが出走。

■中京9R・香嵐渓特別にメイショウコジョウなど
 中京9Rはダート1900mの香嵐渓特別(2勝)。昇級後も3着、2着、3着と安定感のあるメイショウコジョウ、4走前のレパードS8着以外は複勝圏率100%のハヤブサナンデクン、近2走2着続きで惜敗に終止符を打ちたいブルーコンパクタなどが出走予定。

■佐賀では九州ダービー栄城賞
 佐賀競馬場では18時10分に九州ダービー栄城賞が行われる。佐賀皐月賞との2冠を狙う牝馬トゥルスウィーなどが出走する。

関連リンク

  • 5/30 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます