東京で話題!チームラボプラネッツ豊洲がアツイ!

拡大画像を見る

話題のチームラボ、豊洲と台場の2ヶ所にある事はご存知の方も多いと思います。豊洲と台場、似ているところもあるけど全然違います。今回は場内全てをもれなく体験できる、カップル向けのチームラボプラネッツ豊洲をご紹介していきます。(※掲載されている情報は変わる可能性がありますので、必ず事前にお調べ下さい。)


チームラボプラネッツとは?



チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」(ボディーイマーシブ)というコンセプトの、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。("チームラボプラネッツ公式HP"より)

場内は靴を脱いで裸足で楽しみます。時に水の中に足を踏み入れたりなど体全体で作品を感じることができます。営業時間が22時までと夜遅くまでやっているので、仕事帰りにも訪れることができますね♡


アクセスと注意点!



アクセスはゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「新豊洲駅」から徒歩約1分という好立地!駅から出てすぐなので迷うこともありません。

チームラボプラネッツで注意する事は「素足で水に入る体験がある事」「鏡張りの場所の体験がある事」の2点です。
素足で水に入るので、ストッキングやタイツは脱がなくてはいけないし、裾は膝ぐらいまで捲れるものでなければいけません。鏡張りの場合はスカートで行くと下着が映り込んでしまう可能性もあります。入口でハーフパンツの貸出もあるので、是非、借りることをオススメします。


準備が出来たら没入の世界観へ突入☆



手荷物は全てロッカーに預け、入口で渡される水没防止のクリアケースに携帯を入れたら出発!

暗闇の中に青い光が。そんな道を進んで行くと異世界への入口が見えてきます。


360度光の世界




上下左右どこを見てもキラキラと輝く光の世界。時間によって色が変化したり、プロジェクションマッピングのように色が動いたり…。いろんな楽しみ方のある空間。
全面が鏡張りになっているので、こんな不思議な写真も撮れちゃいます!まるで人が下に居るみたいですよね。


光り輝く水面に見えるものは…。



なんとこの空間では水に映る光のアートが楽しめます。実際にアートに触れ合える、なんとも不思議な空間。



よーく見てみて下さい。なんと鯉が泳いでいます!水面に映し出される鯉、まるで本物かと錯覚してしまう程リアルでした。


満天のお花で癒し空間



最後は床に寝転がって満天のお花を眺められます。まるで満天のお星様を観ているかのように流れゆくお花たち。
異世界での旅のエンディングに相応しい、でも離れるのが心惜しいといつまでも眺めていられるようなお花たち。
自分の気の済むまで観賞して何かを感じて、心を落ち着かせてまた次の旅へ出かける後押しをしてくれます。


<スポット情報>
チームラボ プラネッツ TOKYO
住所: 東京都江東区豊洲6-1-16
電話: 非公開


体験した者にしか感じられない何か



いかがでしたか?
不思議な不思議な世界観。どう楽しむかは自分次第。
今回、チームラボプラネッツの全てはお伝えしきれていませんが、この他にも見どころはたくさん!是非ご自分で全てを体験してみて下さいね。

関連リンク

  • 5/30 10:17
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます