カンテがCL決勝のMOMに輝く! 準決勝レアル戦から3試合連続で選出

拡大画像を見る

 29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、チェルシーが1-0でマンチェスター・Cに勝利し、9年ぶり2度目のCL優勝を果たした。同試合でフル出場を果たしたフランス代表MFエンゴロ・カンテが、UEFA(欧州サッカー連盟)が選出するマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。カンテは、CL準決勝・レアル・マドリード戦2試合でもMOMに選出されており、3試合連続の選出となった。

 UEFAは同選手の選出理由について「このフランス人選手は、チェルシーの中盤で常に安定した存在感を示し、マンチェスター・Cを苦しめ、巧みなインターセプトで攻撃を阻止した」と明かし、「準決勝で2試合ともMOMに輝いたカンテは、決勝戦の後半開始早々にケヴィン・デ・ブライネに決定的なタックルを仕掛けた。それに加え、可能な限りボールを前に運んだ」としている。

 また、UEFAテクニカル・オブザーバーのジョン・ピーコック氏とパトリック・ヴィエラ氏は、カンテについて「ボールを持っていてもいなくても、ピッチの中央3分の1で大きな影響力を与える。ジョルジーニョと素晴らしいパートナーシップを築いていた」と称賛した。

関連リンク

  • 5/30 9:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます