海老蔵&勸玄 「実盛物語」で成田屋34年ぶり親子共演実現

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が29日、東京・明治座で「海老蔵歌舞伎」の初日を迎えた。

 「実盛物語」では、海老蔵が斎藤実盛、長男・堀越勸玄(8)が太郎吉を演じ、同演目では海老蔵と父・十二代目市川團十郎さん以来、34年ぶりの成田屋親子共演が実現した。

 馬に一緒に乗って輪乗りする見せ場では、海老蔵が笑みを浮かべながら、勸玄の頭をポンポンと優しくたたく光景も。場内は温かな空気に包まれ、約1100人の観客からは大きな拍手が起こった。

 海老蔵と勸玄が明治座の舞台に立つのは初めてで、同所での公演は30日まで。京都・南座公演は6月4~13日までで、勸玄は南座初出演となる。

関連リンク

  • 5/30 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます