ジャニーズWEST 桐山照史、夏目漱石「坊ちゃん」“赤シャツ”が主人公の傑作喜劇に挑む

拡大画像を見る

2021年9月に東京・東京建物 Brillia HALL、大阪・森ノ宮ピロティホールにて、桐山照史(ジャニーズWEST)主演で「赤シャツ」を上演することが決定した。


劇作家・マキノノゾミが書き下ろし、マキノといくつもの作品でタッグを組んできた宮田慶子の演出により、2001年に初演され、以降、幾度も上演されてきた傑作喜劇、「赤シャツ」。


言わずと知れた夏目漱石の名作「坊ちゃん」。本作では、その登場人物であり、主人公・坊ちゃんの敵役である“赤シャツ”を主人公に据え、「坊ちゃん」の物語を赤シャツの視点から描いている。


無鉄砲で血気盛んな坊ちゃんによる語りから見えていた世界と、同じ筋書きを辿っているはずなのに、赤シャツの視点を通して見れば、まったく異なったような世界が広がっている。同じ出来事を見ていても人によって見えるものと見えないものとがあり、考え方も人それぞれ異なり、時には誤解や思い込みといった偏りも生じる――人と人とが触れ合い、関わり合うことから生まれる可笑しみやままならなさ、そして温かさ。血の通った役者が生で演じるからこそ真に迫って描き出される、舞台演劇というエンターテイメントの真骨頂がここにある。


本作のタイトルロールである“赤シャツ”を演じるのは、ジャニーズWESTの桐山照史。

グループでの精力的な音楽活動に加え、ソロとしてもTVドラマ・映画・舞台とマルチに出演、今年1月にはドラマホリック!『ゲキカラドウ』(TX系)でドラマ単独初主演を果たし、その活躍にますます注目を集めている。実直で温かみのあるキャラクターで親しまれ、硬軟自在に演じ分ける誠実な演技も高く評価される桐山が、 “赤シャツ”をどう演じるのか、期待が高まる。


演出は、この作品を初演の劇団青年座での上演から手がける宮田慶子。桐山とは初の顔合わせとなり、桐山の新たな魅力が存分に引き出された“赤シャツ”が誕生することだろう。



<桐山照史コメント>

舞台がとても好きなので、生でお芝居ができるチャンスをいただけてとても嬉しいです。

今回改めて、小説「坊ちゃん」をまず読んで、戯曲を読みました。赤シャツにはこういった面もあったのかなぁと感じられました。「坊ちゃん」を読むと、面白さの倍増する作品だと思います。

演出の宮田さんとは、今回初めてですが、すでにご一緒している横山君から、『一から丁寧に教えてくださった』、また髙木君からは『厳しいけれど愛のある方』と聞いて、少しホッとしています。厳しい、というところはちょっとドキッとしますが(笑)、これまで上演されてきた名作、僕なりの引き出しをプラスしてヒール役を思いっきり楽しめたらと思います。

関連リンク

  • 5/30 4:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます