【日本ダービー】ヨーホーレイク友道師「東京の2400メートルが一番合っている」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 ホープフルSは3着、皐月賞は5着と中山のGIで善戦を続けているヨーホーレイクですが、小回りの中山が彼にとって一番の舞台ではない、と陣営は考えているようです。

「ちょっと中山コースはこの馬にとって小回りで合っていなかったのかなと思いますが、それでもいつも最後は最速で上がってきてくれて、負けはしたんですけれどもこの馬の力は出してくれたと思います」と友道師。

 皐月賞後は在厩での調整。追い切りでは急きょコンビが決まった川田騎手ともコンタクトをとっていますね。

「先週の追い切りは一杯でやりました。動きは良かったですし、前走以上の反応になっていると思います。今週は併せる程度。(川田騎手は)いつも一緒に競馬している馬なので、よく観察してくれていて『見ているイメージと乗ったイメージと全く一緒でしたね』と言っていました。

 向こう正面でも折り合いがついていましたし、ゴール前はすこし仕掛けてもらったんですが、反応は良かったです。(川田騎手とは)合っていると思います」

 陣営はかねてから「ヨーホーレイクは東京コースのほうがいい」(大江助手)と話していましたが、やはり友道師も「デビュー前から東京の2400メートルが一番合っていると思ってたので、何とかここまで仕上げてきました」としています。

「皐月賞で一緒に走ったメンバーとまた一緒に走ることになるんですけども、今回は自分が得意とする東京の2400mなので前走より差は詰まるんじゃないかな、と思っています」

 ヨーホーレイクは兄にカミノタサハラがいますが、この馬も東京コースで2勝とこのコースとの相性の良さをみせていましたね。ダービーは脚部不安で出走できず、その後引退してしまいましたが…。ヨーホーレイクには兄の分まで広い東京コースでのびのびと走って欲しいな、と思いました。頑張ってきてください。

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 5/29 20:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます