ドアの隙間から伸びる金属の棒 ホテルで恐怖体験も“一言”でピンチを免れた女性(カナダ)

拡大画像を見る

カナダのオンタリオ州に暮らすジョジー・バワーズさん(Josie Bowers、19)は今月23日、自身のTikTokにて4年前に起きた恐怖体験を語った。

2017年、ジョジーさんが15歳だった頃、米メリーランド州オーシャンシティにあるヒルトンホテルに家族で泊まりに来ていた。ホテルは海沿いにあり、家族がビーチに出かけている間にジョジーさんは1人で部屋に残りシャワーを浴びようとしていたという。

「洋服を脱いだ時、入り口の方から不審な音がしたのでタオルを身体に巻いて様子を見に行くと、ドアからこんな感じで金属の棒が伸びていたの。」

投稿された動画には、ドアの下にある隙間から“コ”の字に曲がった細長い金属の棒が伸びていた。外にいる男はこの棒を駆使してドアを開けようとしていたのだ。

ドアは内側からしか開けられない仕組みだったようで、男が棒で内側のドアノブを動かすとドアは開いてしまった。男がしゃがみ込んだまま「やあ」と不気味にあいさつする姿が映ったところで動画は終わっている。

一瞬ドアが開いてしまったもののすぐにドアを閉めたジョジーさんに、外にいた男は「ドアの修理に来ました」と告げたそうだ。

ジョジーさんは、当時のことをこのように振り返っている。

「急なことで本当に驚きました。相手が武器を持っている可能性も考え、下手なことをして怒らせたら大変なことになると思いましたね。まだ15歳だった私は、状況を理解できませんでした。」

当時は携帯電話を持っておらず、助けを呼ぶこともできなかったという。

「『修理って、なにが問題なんですか?』と外にいる男に尋ねると、『この部屋のカードキーが壊れたから、部屋に入ってカードを差し込む機械を修理します』と言っていましたが、明らかに怪しかったです。」

ドアが開いた際に見えた男は、パーカーにジーンズとカジュアルな服装だったそうで「ヒルトンホテルのスタッフが、こんな格好をするはずがない」とジョジーさんは思い、男が嘘をついていることに気付いたという。

「その時、日頃から父に『1人でいることを相手に知られてはいけない』と教わっていたのを思い出し、『パパー! ドアのカギを直したいって誰かが来てるよー!』と部屋に誰かがいるふりをして叫びました。」

「この声を聞いた外の男は私が1人でないと思ったようで、すぐに走って逃げていきました。」

父親の教えに救われたジョジーさんは「私は15歳でこのような恐ろしい経験をし、今こうして皆さんに伝えることができています。ドアは必ず施錠し、ドアストッパーを付けて安全を確保してください」と注意を促した。

画像は『josie bowers 2021年5月23日付TikTok「Reply to @emmade1rey #part2」』『Yahoo News Australia 2021年5月27日付「Woman reveals trick that saved her from creepy hotel ordeal」(Source: TikTok/@josiebowers10)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/29 23:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます