ザック・スナイダーこそ劇団ひとり!?リモート生出演でゾンビ愛炸裂『アーミー・オブ・ザ・デッド』イベント

拡大画像を見る

世界を熱狂させているNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』のファンイベントが開催され、劇団ひとりと長濱ねるがゲストで登壇!ザック・スナイダー監督もリモート生出演しファンからの質問に生回答!! スナイダー監督と日本の意外な繋がりやこっそり教えてくれた鑑賞ポイントなどイベントの模様を徹底レポート!

5月21日に全世界独占配信されたばかりのNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』。今最も次の作品が待ち望まれる人気監督の一人、ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を担当した豪快ゾンビアクションだ。
本作は大規模ゾンビプロジェクトになっており、前日譚を描く映画とアニメーションシリーズの製作も進行中。エンターテイメントのさらなる高みに挑戦する意欲的なビッグプロジェクトになっているのだ。

物語の舞台は、突然のゾンビ発生後、多くの犠牲を払いゾンビを隔離することに成功したラスベガス。ゾンビとの死闘の後、静かに暮らしていた主人公スコット(デイヴ・バウティスタ)は、謎の男(真田広之)の依頼によって、ラスベガス地下の巨大金庫に眠る大金を狙うべく、ゾンビだらけの超危険エリアへ侵入するという《史上最大の強盗計画》に挑むことに。凄腕のクセ者たちを集めたスコットたち傭兵集団は、ラスベガスを埋め尽くすゾンビ軍団を倒し、究極の一攫千金を掴むことはできるのか…!?

出演は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主要メンバーのドラックスを演じ、『ブレードランナー 2049』『DUNE/デューン砂の惑星』にも出演のデイヴ・バウティスタ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』出演も果たし日本を代表する国際派俳優の真田広之、『マレフィセント』で幼少期のマレフィセントを演じ、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』にも出演のエラ・パーネル、前日譚映画の監督・主演も務める新鋭マティアス・シュヴァイクホファーら国際色豊かな豪華キャストが集結。一攫千金のためだけに寄せ集められた精鋭集団は個性もバラバラで、まるで『スーサイド・スクワッド』のような雰囲気。どのキャラクターも愛嬌があり、すぐに引き込まれてしまう。

そんな話題沸騰中の本作の配信を記念してファンイベントが開催。今年冬にはNetflix映画『浅草キッド』(21年冬配信)の監督・脚本も務めるなど芸人だけでなく映画監督としても活躍し、ゾンビマニアでもある劇団ひとりと、元欅坂46のメンバーで大の映画好きでもある長濱ねるがゲストとして登壇。さらにスナイダー監督もリモート生出演し、約50名のファンと共にアツいゾンビ愛を分かち合った。

ゾンビ芸人の一人としても知られ、ゾンビマニアの間ではゾンビサバイバーの師といっても過言ではない劇団ひとり。ゾンビ映画の魅力について聞かれると「僕が若い頃は、いわゆるホラー映画だった気がするんですけど、どこかからただの怖い映画じゃなくてドラマの部分もアツくなってきましたよね。人間模様とか学ぶこともある。あとゾンビ映画の一番の魅力は自分だったらどうするかって考えさせてくれるところ。序盤に殺される役だろうなとか、なんなら敵役かもなとか自分を掘り下げていけますよね。僕はちゃんとシュミレーションしたんですよ。ずっと逃げるの怖いから、早めにゾンビになっちゃうかな。でも咬まれるのは嫌なの。だから安全ピンかなにかでピンって刺してそこにゾンビの血をチョンチョンって塗って…そのあと人間に殺されるのも嫌だから、密室にこもってゾンビ化するのを待つ人間なのかなって」とリアルに分析。劇団ひとりにどうする?と聞かれた長濱は「私も逃げるの怖いですし、早めにゾンビになっといたほうが安パイなんですかね…(笑)」と劇団ひとりの弱腰な姿勢に影響を受けていた。

そんな長濱はNetflixカラーでもある鮮やかで真っ赤なワンピースに身を包んで登場。『こんなに映画ファンの方と交流できる機会もなかなかないのでたくさんお話できたらと思います。』と意気込みを明かした。

好きなゾンビ作品に話が及ぶと劇団ひとりが挙げたのはやはり『ウォーキング・デッド』。きっかけはサンプルだったという。「『ウォーキング・デッド』きっかけで『ドーン・オブ・ザ・デッド』とか過去の名作とかも見るようになったので遅いんですよ」と話すと、長濱も「私も同じで5年前くらいにゾンビ映画を始めてみてから過去作を探りはじめました。ハラハラが続く感じが好きです。」とゾンビにハマったきっかけを明かした。

“監督として作ってみたいゾンビ映画”について聞かれると、「今作で、知能のあるゾンビの存在がすごく面白かったので、あの一派が弱肉強食の世界を勝ち残った世界が見たいですね。例えば100年後とか。ゾンビが平和に暮らしている世界。もう敵もいないんで、ゾンビの社会ができていて。とある少年がゾンビになり切れなくて、ゾンビの師範に弟子入りして、立派なゾンビを目指していくっていう。最終的に人を襲ってハッピーエンド(笑)!ゾンビサイドから取った青春群像劇を作ってみたいですね」と、変わり種のゾンビ映画のアイデアがでた。

映画好きでもある長濱さんは、“見ているときにどういう人物に共感する?”という質問に、「今作の、カジノ内で銃を乱射するシーンが印象的でやってみたいです!」と落ち着いたイメージを覆す豪快な意欲を見せたが、劇団ひとりから「生き残れなそうですけどね(笑)。早めにくたばっちゃったほうがいいと思うけどな~」とツッコまれていた。

そしていよいよスナイダー監督が登場!家の近くにあるオフィスから参加したスナイダー監督は爽やかな白いTシャツ姿でリラックスしたムード。『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』もアツいスナイダー監督とリモートとはいえ繋がることができる貴重な機会。ゲストも大興奮で「オープニングから度肝抜かれたんですけど、相当凝ってましたね」と劇団ひとりが感想を伝えるとスナイダー監督は「オープニングシーンから頑張って、これだけでも映画になるんじゃないか?というほどの7分の映像になっています。ゾンビとの戦いの経験があるベテランとして見せたかったんです」とこだわりを明かした。構想は綿密に練られており、ゾンビがどこから来るのかというストーリーは製作中のアニメシリーズで明かされるという。

長濱さんから、「スナイダー監督の映画は、ワンシーンごとに絵画のように美しいと思って拝見しています。ゾンビタイガーとか、集団をなしてるゾンビとか、新しいゾンビばかりで圧巻で楽しく拝見しました!」とコメント。するとスナイダー監督は「今回は撮影監督も務めているのでチャレンジングでした。10年程CMの監督などをしていたのですが、映画になったらやらせてもらえなかったんです。撮影もしつつ、照明も調整して、脚本も手掛けて大変でしたけど、ついにやらせてもらえました」と、あらゆる作業を自ら行ったことが明かされると、劇団ひとりは「この人こそ “劇団ひとり”を名乗るべきだよ!!(笑)」と、激しく同意してしまうコメントで会場を笑いに包んだ。

「なんでそんなに全部自分でやりたいんですか!大変ですよね!」劇団ひとりから率直な疑問が投げかけられると「たしかに大変だったんですが、ここ最近大作を扱うことが多くて大きなスタジオで撮影したり、グリーンバックを使ったり、けっこうスーパー技術的なことが求められていたので、いわゆる映画作りのプロセス、基本的なところに再び立ち戻りたいという気持ちがありました。有機的な映画作りを体の芯から体感したかったんです。」と映画作りに対する底なしの愛が明かされた。

ユニークなゾンビの構想ははじめからあったのか長濱が訪ねると「ゾンビ映画というジャンルへの大きな愛があるんです。シャンブラーと呼んでいる伝統的なゆっくり歩くゾンビも登場させているんですが、進化も加えられないかって思ったんです。動きも少し早くて、思考もあって。狼のような群れの性質もあったら…と思ってアルファたちは生まれてきました。そして人間が感染するなら動物も感染するんじゃないかって思ったんです。アニメシリーズの方では、犬、猫も出てきますよ。」と答えた。

さらに、劇団ひとりが「ゾンビ作品の中で一番クールでカッコイイ作品だ!と思ったんですが、どれくらいの知性を持たせるかの線引きはどう決めたんですか?」と質問すると、「観客がゾンビに共感するようなゾンビを作りたかったんです。ゾンビに勝ってほしいと思う瞬間があるかもしれない。それが狙いだった。その中でどのくらい感情があるか、どこまで行くのかは考えました。あくまでもゾンビの進化版なので言葉は話さない。けど狼やトラみたいに群れで狩りはできるかもしれない。もっとみんなが思うより賢いよ。」と構想を明かす。

さらに日本とスナイダー監督の意外な繋がりも明らかに。映画製作はコンビネーションが大事としたうえで、特にこだわりがあるものとしてカメラレンズを披露。それは1960年代後半から1970年代にかけて発売されていたというキャノンのドリームレンズというものだそう。「これは日本で買ったんだ。長いこと日本のカメラ収集家から買って集めていて10個くらい持っているよ。映画用のカメラにこのレンズを移してるんだ。」とスナイダー印とも言える独特の柔らかい画質に隠された秘密が明らかに。今回の撮影にも使われているという。

そしてファンイベントということで、事前に募集していたファンからの質問をゲストが代読。“今作が今後のゾンビ映画に与える影響は?”という質問に、スナイダー監督は「ゾンビというジャンルが大好き。伝統的なゾンビを踏襲する作品もたくさんあるけど、ゾンビの型を破るような作品が生まれてほしい、そんなインスピレーションになればいいね」と回答した。

また、真田広之演じる”謎の男ブライ・タナカ“については「真田さんとは同じカリフォルニア州の近くに住んでいるから、この話が挙がったとき、家からやってきてくれたんだよ。タナカというキャラクターは本作が続くとしたら登場してほしいね。前日譚の映画にも出演する予定だ。役柄は…政府と関係しているかもしれないし、ゾンビを使って軍を作りたいのかもしれないね」と、こっそり秘密を少しだけ打ち明けた。

最後に一言求められると、スナイダー監督からは「観ていない方は、友達と楽しみながら観てほしいです。観た方にもこれからを感じさせるヒントやディティールも入っているので、また観ると面白いと思う」とコメントすると、ひとりさんから「ヒントください!」とおねだり。「カジノで戦うシーンで、スコットが最後に仕留めるゾンビ、よくみるとロボットっぽい…?よく見てほしい」と気になる謎を少しだけ教えてくれた。

すでにご覧になった方はわかるように、鑑賞後のすっきり感はありつつも、話し甲斐、突き詰め甲斐のあるネタが散りばめられている本作。スナイダー監督が少しヒントをくれたようによくよく見返しておけば、今後の映画やシリーズをもっと楽しめるかもしれない。今回少し話が出た前日譚では頭脳派金庫破りディーターを演じたマティアス・シュヴァイクホファーが主演を務め、さらには監督も担当するとのこと。守ってあげないといけないいい奴のように見えたけど…裏があるの!? 今後も楽しませてくれそうだ。

NETFLIX 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』Netflixにて独占配信中

関連リンク

  • 5/28 21:40
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます