生見愛瑠[イベントレポート]芸能界を目指した意外なきっかけを告白!「夜ご飯にステーキを作ってあげるとお母さんに言われて……」『エイベックス・アーティストアカデミー』東京校開校式にて

生見愛瑠が、本日5月29日(土)に開催された『エイベックス・アーティストアカデミー』東京校の開校式に登場した。同イベントは全面リニューアルされた渋谷の新校舎で実施され、生見のほかSKY-HIもゲストとして出演。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

『エイベックス・アーティストアカデミー』は、エイベックスの直営校として2001年に開校。東京、名古屋、大阪、福岡の4都市に展開され、これまでに200名を超えるアーティストやタレント、音楽クリエイターを輩出してきた育成スクールだ。

全国の受講生がオンラインで見守る中、開校式がスタート。まず、東京校校長の藤井宏典が、新たに原宿から渋谷に移転した東京校の設備や、『エイベックス・アーティストアカデミー』のコース、カリキュラム、講師陣などについて説明する。

その後、受講生代表の決意表明が行なわれ、SKY-HI、生見愛瑠が特別ゲストとして登場。新しくリニューアルした東京校について感想を聞かれると、生見は“オシャレすぎて未来にいるみたい!”とコメント。SKY-HIは“レッスン映像をSNSに上げるのは大事だと思っているので、天井のライトなどにも気を配っているのは素晴らしいですね。新しい時代や歴史が始まるんだなと感じています”と感想を述べる。

また、Zoomで全国から参加している受講生の様子がモニターに映ると、2人は手を振ってコミュニケーションを取った。

話題は、2人が芸能界を目指したきっかけへ。中学生の頃から音楽を創っていたというSKY-HIは、何の仕事に就いても音楽は創りたいと思い、最初はA&Rのような音楽の仕事に興味を持っていたとのこと。

“当時、エイベックスにスタッフをやりながらアーティストとしても活躍している方がいらっしゃって、エイベックスに入ったらいろいろできるんじゃないかと思って、16~17歳の時にオーディションに参加しました”と、当時を懐かしむ。

一方、実は『エイベックス・アーティストアカデミー』の名古屋校出身で、小学4年生からダンス、歌、ウォーキングなど、1週間毎日レッスンをしていたという生見。“夜ご飯にステーキを作ってあげるとお母さんに言われてレッスンについていったことがきっかけで、アカデミーに入りました”と明かし、会場を盛り上げた。

その後は、開校式のスタジオに現れた数名の受講生が2人に質問を投げかける。“オーディションやステージに立つ時に緊張してしまう”という受講生に対して、SKY-HIは“気持ちを落ち着かせるためには、何で緊張しているのかを書き出して整理をしてあげるとよいと思う。そうすることで、緊張が得体の知れない不安からステージに向かう覚悟に変わっていくと思う”とアドバイス。

生見は“私は緊張しないタイプなんですけど。3時間後に終わるって思うと、素の自分を出せます(笑)”と述べ、SKY-HIからは“すごい! トップアスリートと同じ思考ですね(笑)”と驚きの声が上がった。

続く“この業界に入っていなかったら何になっていたと思いますか?”という質問に対しては、SKY-HIは“あまり今と変わらないかも。何の仕事をしていても音楽は創れると思うので、音楽を創っていると思います!”とコメント。生見は、“私は保育士さんかトリマー! 小さい頃から憧れていて、子供と動物が大好きなので”と答えた。

トークの最後には、『エイベックス・アーティストアカデミー』でトレーニングを重ね、スターとして活躍を目指す受講生に向けて、SKY-HI、生見の2人より熱いメッセージが送られた。

生見は“毎日のレッスンは大変だと思いますが、自分のために絶対になっていると思うので、諦めないで継続することを頑張ってほしいです。私もまだまだなので、一緒に頑張りたいです!”と受講生の背中を押す。

SKY-HIは“こうならないといけないということは、世の中に1つも存在しないと思います。自分にとっての成功や幸せは何か。どういうアーティストやアイドルになりたいのかをしっかりとクリアに見つめて、そこに向かって進んでいってくれたら、グッドなバイブスで、ライフをエンジョイできるんじゃないかな?”と語った。

その後、『エイベックス・アーティストアカデミー』エグゼクティブ プロデューサーの戸口真吾が挨拶をし、開校式は幕を閉じた。

なお、本日5月29日(土)より『エイベックス・アーティストアカデミー』入学オーディションの申し込みがスタート。詳しくは公式サイトにて。

関連リンク

『エイベックス・アーティストアカデミー』公式サイト

関連リンク

  • 5/29 20:30
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます