芳根京子「コントが始まる」で仕掛けた“逆サプライズ”に絶賛の嵐

拡大画像を見る

  菅田将暉が主演を務めるドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系)の第6話が5月22日に放送され、芳根京子演じる奈津美のまさかの逆サプライズに、絶賛の声が寄せられている。

 このドラマは、高校時代の友人である菅田演じる春斗、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)の3人が結成したお笑いトリオ「マクベス」を巡る青春群像劇。第6話では、10年間続けてきた「マクベス」を解散することが決定。潤平は、実家の酒屋を継ぐことを決心するが、大企業で働いており、自分とは不釣合いの彼女・奈津美(芳根)との関係を終わらせるべきではないか苦悩する。

  そんな中、マクベス“オタク”中浜里穂子(有村架純)と妹のつむぎ(古川琴音)の部屋で餃子パーティが行われることに。バイト帰りの潤平が足を洗うために風呂場を借りると、浴槽に隠れていた奈津美がウェットスーツ姿で現れ「あなたが今日の海鮮餃子に入れたいのは、北海道産のホタテですか? それとも広島さんの牡蠣ですか?」と聞くというサプライズを実行。 

 実はこのサプライズ、前回奈津美の誕生日のプレゼントを渡すために、潤平が公園の噴水の中からウェットスーツを着て出てくるサプライズを計画していたものの、奈津美が忙しくて来られず失敗に終わり、それを知った奈津美が逆サプライズを仕掛けたというわけだ。

 これを観た視聴者からは「奈津美ちゃんの潤平へのサプライズ素敵だったな」「最高やん。泣くやん…奈津美いいやつやん」「奈津美、最高の彼女すぎる」といったコメントがネット上に書き込まれた。

「第6話の伏線回収はそれだけではありません。ラストのコントで瞬太(神木)演じる女神の、キコリ(仲野)に対する『(池に落としたものは)壊れたルンバ』『ずっとあなたについていく』のオチは、潤平(仲野)の後をついて歩く奈津美に『なんでついてくるの』に対する伏線回収。そのほかにも、言葉遊びを入れたらまだまだあります。このドラマ、世帯平均視聴率こそ低いものの、コアターゲット(男女13歳から49歳)では視聴率好調。その陰には、こうした伏線を回収する楽しみも含まれているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 いよいよ「マクベス」解散へカウントダウン。伏線回収も要チェックだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 5/29 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます