『ドラゴン桜』第5話 鈴鹿央士と細田佳央太の激突!高橋海人との名演シーン

拡大画像を見る

ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第5話は、人を見下すことで自身を保とうと必死な藤井(鈴鹿央士/21)と、ものすごい能力を秘めた健太(細田佳央太/19)の開花に目を見張った。いつかぶつかり合うだろうと思ったこの2人と周囲の人々の心の動きに目が離せない。

 藤井と健太。どちらも分かりやすく見えて実は奥深いものがあった。藤井の性格の悪さは浅いものではなく、その闇の深さは失敗からくる恐怖心だ。発達障害を持つ健太に遠慮なく物言う気分の悪さは自分をも黒く染めているように見える。また、健太は周囲に迷惑をかけていることを少なからず感じていることを知って胸が苦しくなったし、過保護に接するだけでは見抜けなかった健太の才能が伸びていく様子は身内のようにうれしく感じた。

■藤井の孤独と恐怖心

 藤井の狂気が溢れていた。偏差値68、東大理科一類志望、インフルエンザになったせいで龍海学園しか受験できなかったが、勉強は裏切らないとでも言うかのように信じられるのは自分だけ。教室にいても誰かと交わる様子はないし、自宅の部屋で一人勉強をしていてもイライラが募るばかり。誰も近寄らない、寄せ付けない、なんて孤独なんだろう。

 これは藤井の自衛心の表れで、誰かを肯定したくないのだ。人を見下し、自分は優秀だと思うことで心の安定を図っているなんて、ちょっとかわいそうな人だと思う。そして、こういう人はどこに行っても必ず一定数いて、何をするにも文句を言い憶測も含めて悪く言う。聞いていて気分のいいものではないし、同調しなければあなたも同類ねと言わんばかりにまくし立てる、やっかいなタイプだ。

 批判することで自己を守り安定を得ているのだから仕方のない人だと思うしかない。藤井のたちの悪さは同級生に対して見下しているところだ。発達障害のある健太を「生きている価値もないような虫けら」と言い薄ら笑いを向ける。

 吐き気がするほどに不快だが、桜木(阿部寛/56)は見放していないように感じる。藤井が勝負に負ける度に、希望をすれば東大専科で根性叩き直してやると言っているのだ。藤井自身はこの恩情に反発しているが、こういう人間が改心すると強い。いつか、その日が来るのを楽しみに待ちたい。

■東大専科は着々と次のステージへ

 藤井が同級生を見下し、頑張る人をあざ笑う気分の悪い人間ではあるけれど、桜木は大人だから落ち着いて話が出来る。でも、バカにされた方からしたら黙っていられるわけがない。

 その筆頭が瀬戸(高橋海人/22)だ。瀬戸は、大事に思っている人に対する情の厚い男だ。楓(平手友梨奈/19)がピンチの時には矢面に立って犯罪者にでもなるし、自分の姉(大幡しえり/22)が苦しんで笑っているのは耐えられない。

 藤井が東大専科に来て、楓のバドミントン人生を貶した時は即座に立ち上がって胸ぐらを掴んで声を上げたし、健太が大切にしているを入れる箱を蹴り上げた時にも、たまらず走り寄り胸ぐらを掴みに行った。

 藤井が蹴り上げたのは健太であるかのように見えたこのひどい行為を見逃せないし、さすがに東大専科全員が殺気立った。藤井に対しては嫌悪感しかないが、健太が東大専科に入ってからは仲間意識もあってか健太の特性を伸ばしてあげたくてクイズ形式で問題を作ったり、一緒に学ぶ楽しさを見つけているのがとてもいい。

 ここに麻里(志田彩良/21)がいたら心強いのにと思うが、麻里には家庭環境に問題があるようでこれまた簡単にはいかなそうだ。それも何かのタイミングでいい方向に解決するのではないかと期待してしまう。

■誰も否定しない桜木の鋭さと温かさ

 健太の才能を見抜いた桜木の鋭さは、まさに物の本質を見ている人のものだ。聴覚での記憶が得意ではないが、目から記憶したものには絶対的な強さがある。昆虫研究の第一人者の教授が書いた最新の英語論文を読むために、英語の辞書一冊覚えて読破し、教授に自分の理論をぶつけるために手紙を書くまでにほんの数日だったという。幼馴染の麻里にも、2年間担任をしていた田村(山田キヌヲ/39)にも見抜けなかった健太の能力。

 担任失格だと落ち込む田村に、発達障害の子どもと接する大変さを労い、学校が安心できる環境だったことを示した。それは田村にとっても、麻里にとっても、心が救われる程にうれしい言葉だっただろう。また、学校の教育環境については理事長である龍野(江口のりこ/40)の教育理念も関係してくる。進学校化を嫌い東大専科を目の敵にしているけれど、基本は教育者としての考えを持っている人だ。

 3話で、藤井と東大専科で対決した際の出題問題について協議している場で言った台詞は、素晴らしく心に残るものだった。難関大コースの担任が出した問題は「難解な知識を問うものが多い」と感じ、東大専科の水野が出した問題は「広く視野を持つ力と思考力を育める」と判断して、水野の案を採用した。

「人生で大事なのは知識の詰め込みじゃない。豊かな人生を送ることなの」と言ったことが全てで、高校生活だけではなく長い人生をどう過ごすかを考えて教育の場を持ちたいと思っていることが伝わってきた。これを桜木もよく分かっていて、東大を目指す生徒がいる限り東大専科クラスは存続するだろう。東大専科の生徒たちが飛躍する姿が早く見たい。次回も楽しみだ。

(文・青石 爽)

『ドラゴン桜』は、2005年7月期に放送され社会的ブームを巻き起こした同名ドラマの続編となる新シリーズ。原作は『モーニング』(講談社)にて連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』で、前作ドラマの15年後のストーリーをオリジナル展開で描く。偏差値32の龍海学園は経営破綻寸前にあり、これを打開すべく学校再建のエキスパート弁護士・桜木建二(阿部寛/56)による再建を図るが、理事長の龍野久美子(江口のりこ/40)は進学校化に反対、生徒は姉と2人で両親が残したラーメン屋を手伝う瀬戸輝(高橋海人/22)、バドミントン全国トップレベルの選手である岩崎楓(平手友梨奈/19)、優秀な弟に劣等感があり見返してやりたい天野晃一郎(加藤清史郎/19)など悩みや問題を抱えた生徒たち。桜木の教え子であり弁護士になった水野直美(長澤まさみ/33)の奮闘にも注目の学園ドラマである。

関連リンク

  • 5/29 18:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます