めるる “母校”エイベックス・アカデミーの後輩に「目標諦めずに全力で」とエール 

拡大画像を見る

 モデルでタレントの生見愛瑠(19)が29日、東京・渋谷のエイベックス・アーティストアカデミー東京校で行われた新校舎開校式に、SKY-HIことAAA・日高光啓(34)と登場した。エイベックスが手掛けるタレント育成機関が、2001年の設立から20年を迎えてリニューアル。これまでは習いごととして広く門戸を開いていたのが、実技の入学試験を導入して、高いスキルとプロを目指す強い意志を持つスター候補を発掘し育てる。

 生見は小学4年から同名古屋校に通っており、「安室奈美恵さんのようになってほしいと、お母さんが入れてくれましたが、私は芸能界に入りたいと思ってなくてイヤイヤで(笑)。夜ご飯のハンバーグステーキに釣られて行ったら、すごく楽しかった」と原点回顧。歌やダンス、演技などを習ったが、「ステキな環境で、私の時はレベルに合った教室で自分と向き合えました。目標を諦めずに全力でレッスンを頑張ってほしい」と“母校”の後輩にエールを送っていた。

関連リンク

  • 5/29 18:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます