横浜DeNA「最弱ドツボ」の悲哀劇場(3)またFA流出危機の悪循環

拡大画像を見る

 悩める番長をサポートする体制が心許ないのもいただけない。中でもチームの参謀役を務める、青山道雄ヘッドコーチ(61)の立ち回りを疑問視する声が上がっている。

「先日、怠慢走塁をした桑原将志(27)を三浦が𠮟ったことがニュースになっていましたが、本来は監督が出るまでもなく、ヘッドコーチが怒り役を買って出るもの。何でもかんでも監督に背負わせていないか不安になります」(平松氏)

 スポーツ紙デスクも心配のようで、

「プロでの指導歴こそ長いですが、横浜とロッテという空気の緩い球団しか知らない。そもそも、人当たりのよさだけで仕事にあぶれなかったタイプだけに、負けが込んだチームに活を入れて立て直すには力不足ですよ」(スポーツ紙デスク)

 そして何より、フロントのバックアップも手薄だ。ドラフトを除き、オフに戦力として獲得してきた中で、曲がりなりにもカウントできるのはロメロ(26)、シャッケルフォード(32)ぐらいのもの。

「オフの合同トライアウトで獲得した、風張蓮(28)と宮國椋丞(29)はとても1軍レベルではない。結局、元からいる戦力が頑張るしかない。これから宮﨑敏郎(32)が成績を上げてくると言われています。というのも、今季中にFA権を取得するから、アピールですよ。ソフトバンクが狙っているともっぱらです」(球界関係者)

 昨年の梶谷、井納翔一に続き、相次ぐ主力のFA流出となれば、5年連続最下位(08〜12年)という暗黒時代の再来をも予感させる。

 唯一の希望の星と言えたエース・今永昇太(27)の1軍復帰登板も雨で試合が流れ、ファンは次回まで焦らされる始末なのだから‥‥。

 そんな青息吐息のシーズンを過ごす三浦監督に、98年に史上最強のマシンガン打線を率いてチームを日本一に導いた権藤博氏が渾身のエールを送る。

「通算172勝184敗の特異な通算成績が物語るように、三浦は現役時代から不屈の魂を持ち続けてきた男です。病気やケガで戦線離脱しても、シーズンを棒に振ることなく復活する姿を何度も見てきました。たとえ今年がダメでも2〜3年先にきっと優勝を決めてくれますよ」

 いや、今シーズンだってまだまだ長い。交流戦から奇跡の巻き返しを見せてほしいのだが‥‥。

*「週刊アサヒ芸能」6月3日号より

関連リンク

  • 5/29 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます